「あなたに似た人 新訳版 Ⅰ」所収 「味」ロアルド・ダール著、田口俊樹訳

公開日: 更新日:

 吉行淳之介との対談(「美酒について」)の中で、開高健はこのダールの短編は「取材費が注ぎ込んであるという印象やね」といっている。そう、この作品にはワインの味を表現するのに多彩な言葉が繰り出されていて、そこまでこと細かく描写するには、ダール自身、相当数の高価なワインを飲んだにちがいない。

【あらすじ】舞台はロンドンのマイク・スコフィールド邸の晩餐会。マイクは株の仲買人で、労せずして大金を稼いでいることにどこかしら後ろめたく思っている。

 一方のリチャード・プラットは、名の知れたグルメ。大のワイン愛好家で、「これは気さくなワインだ。善意があって陽気だ」と、ワインのことをまるで生きもののように評する。プラットにかかると、一口味わっただけでその産地からどこのブドウ園でつくられたものかまでたちどころに当てられてしまう。マイクもプラットに何度か挑戦したが、そのたびに苦杯をなめていた。

 ところが今夜のマイクはなぜか自信満々で、プラットが望むものをなんでも賭けていいと申し出る。プラットが要求したのは、マイクの娘ルイーズとの結婚だった。これにはマイクも臆したものの、絶対の自信ゆえか、この賭けを受けることに。プラットはワインを口に含むと、まずボルドーのメドック地区のものだろうと推測し、さらに細かく絞り込んでいく。最初は余裕気味だったマイクは徐々に顔の色を失っていく……。

【読みどころ】最後にあっというドンデン返しが待ち受けているわけだが、この作品の醍醐味はやはり、プラットのワインを評する言葉の巧みさだ。紋切り型の表現でお茶を濁しているテレビの食リポーターには、ぜひとも一読してもらいたい。 <石>

(早川書房 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  9. 9

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  10. 10

    まるで竹槍持たされて本土決戦に臨む戦争末期の日本と同じ

もっと見る