「あなたに似た人 新訳版 Ⅰ」所収 「味」ロアルド・ダール著、田口俊樹訳

公開日: 更新日:

 吉行淳之介との対談(「美酒について」)の中で、開高健はこのダールの短編は「取材費が注ぎ込んであるという印象やね」といっている。そう、この作品にはワインの味を表現するのに多彩な言葉が繰り出されていて、そこまでこと細かく描写するには、ダール自身、相当数の高価なワインを飲んだにちがいない。

【あらすじ】舞台はロンドンのマイク・スコフィールド邸の晩餐会。マイクは株の仲買人で、労せずして大金を稼いでいることにどこかしら後ろめたく思っている。

 一方のリチャード・プラットは、名の知れたグルメ。大のワイン愛好家で、「これは気さくなワインだ。善意があって陽気だ」と、ワインのことをまるで生きもののように評する。プラットにかかると、一口味わっただけでその産地からどこのブドウ園でつくられたものかまでたちどころに当てられてしまう。マイクもプラットに何度か挑戦したが、そのたびに苦杯をなめていた。

 ところが今夜のマイクはなぜか自信満々で、プラットが望むものをなんでも賭けていいと申し出る。プラットが要求したのは、マイクの娘ルイーズとの結婚だった。これにはマイクも臆したものの、絶対の自信ゆえか、この賭けを受けることに。プラットはワインを口に含むと、まずボルドーのメドック地区のものだろうと推測し、さらに細かく絞り込んでいく。最初は余裕気味だったマイクは徐々に顔の色を失っていく……。

【読みどころ】最後にあっというドンデン返しが待ち受けているわけだが、この作品の醍醐味はやはり、プラットのワインを評する言葉の巧みさだ。紋切り型の表現でお茶を濁しているテレビの食リポーターには、ぜひとも一読してもらいたい。 <石>

(早川書房 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  2. 2

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  3. 3

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  4. 4

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  5. 5

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  6. 6

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    和歌山で地震が頻発…本当に南海トラフと無関係なのか?

  9. 9

    小室圭さん“10月婚”に焦り「解決金」決着で共感得られるか

  10. 10

    黄金期の3倍稼ぐ石橋貴明 “ぼっちYouTuber”化の哀しき晩年

もっと見る

人気キーワード