「名画という迷宮」木村泰司著

公開日: 更新日:

 バロック絵画の巨匠の作品を鑑賞しながら、そのドラマチックな人生をたどるビジュアル新書。

 16世紀、プロテスタントに対抗するためカトリックは、宗教美術の利用に動き出し、ローマでバロック古典主義が開花。天空を神や聖人が舞い踊るイリュージョンのような様式が広まる一方で、写実的で革新的な絵画が誕生。その生みの親がカラヴァッジョ(1571~1610)だ。21歳でローマに出てきた彼は、その才能を見いだされ名声を得る。

 しかし、その世俗的な表現が物議をかもし、度々教会から作品の受け取り拒否をされる。私生活でもトラブルが絶えず、果てに殺人犯として逃亡生活を余儀なくされ、失意のうちに命を落とす。

 その他、ルーベンスやベラスケスら全6人の巨匠たちを網羅。

(PHP研究所 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  4. 4

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  5. 5

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  6. 6

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  7. 7

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  8. 8

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  9. 9

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  10. 10

    有村架純“ジャニタレ共演NG”解禁 キンプリ高橋との行方は

もっと見る

人気キーワード