「名画という迷宮」木村泰司著

公開日: 更新日:

 バロック絵画の巨匠の作品を鑑賞しながら、そのドラマチックな人生をたどるビジュアル新書。

 16世紀、プロテスタントに対抗するためカトリックは、宗教美術の利用に動き出し、ローマでバロック古典主義が開花。天空を神や聖人が舞い踊るイリュージョンのような様式が広まる一方で、写実的で革新的な絵画が誕生。その生みの親がカラヴァッジョ(1571~1610)だ。21歳でローマに出てきた彼は、その才能を見いだされ名声を得る。

 しかし、その世俗的な表現が物議をかもし、度々教会から作品の受け取り拒否をされる。私生活でもトラブルが絶えず、果てに殺人犯として逃亡生活を余儀なくされ、失意のうちに命を落とす。

 その他、ルーベンスやベラスケスら全6人の巨匠たちを網羅。

(PHP研究所 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る