「真面目にマリファナの話をしよう」佐久間裕美子著

公開日: 更新日:

 マリファナは長く非合法ドラッグとして扱われてきたが、がん、てんかん、うつ病、エイズなどに治療効果があることが明らかになった。1996年にアメリカ・カリフォルニア州がマリファナの医療使用の合法化に踏み切り、カナダ、オーストラリアでも合法化された。先進国のなかで医療マリファナの使用を禁止しているのは日本くらいである。

 日本では、古来、麻はしめ縄用や麻布用に「産業用」として用いられてきた。もともと大麻を吸引して「ハイになる」という文化がなかったため、大麻の使用について検証することなく、「全部ダメ」になったのだ。

 マリファナの合法化と巨大市場をめぐるノンフィクション。

(文藝春秋 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  4. 4

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  5. 5

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  6. 6

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

  7. 7

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  8. 8

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  9. 9

    大野は口止め誓約書発覚 活動中止前に沸く嵐のオンナ事情

  10. 10

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

もっと見る

人気キーワード