「真面目にマリファナの話をしよう」佐久間裕美子著

公開日: 更新日:

 マリファナは長く非合法ドラッグとして扱われてきたが、がん、てんかん、うつ病、エイズなどに治療効果があることが明らかになった。1996年にアメリカ・カリフォルニア州がマリファナの医療使用の合法化に踏み切り、カナダ、オーストラリアでも合法化された。先進国のなかで医療マリファナの使用を禁止しているのは日本くらいである。

 日本では、古来、麻はしめ縄用や麻布用に「産業用」として用いられてきた。もともと大麻を吸引して「ハイになる」という文化がなかったため、大麻の使用について検証することなく、「全部ダメ」になったのだ。

 マリファナの合法化と巨大市場をめぐるノンフィクション。

(文藝春秋 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  10. 10

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る