「シリア 震える橋を渡って」ウェンディ・パールマン著 安田菜津紀ほか訳

公開日: 更新日:

「アラブの春」から8年経ったが、今なお混乱が続くシリア。一体、国内で何が起こっているのか。

「家族が逮捕されてもその行方を尋ねることは許されていなかった」という1981年生まれのカリーム、「学校では、パレスチナ問題こそ重要で、そのためには、自分の人権やシリア国内の問題は忘れろと教えられた」と証言するサナ、やがてシリア革命が始まった2011年、初めてデモに参加したリマは、「自由を! と叫んだ自分の声を耳にして涙がこぼれた」と話す。

 政治学者の著者が、国外に逃れたシリアの人々にインタビューし、過酷な弾圧や政権の腐敗のさままで、その証言からシリア現代史をたどる。

(岩波書店 3200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相また疑惑 18年「桜を見る会」で総裁3選“支持固め”

  2. 2

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  3. 3

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  4. 4

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

  5. 5

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  6. 6

    完全アウトな国家の私物化 安倍政権は桜を見る会で詰んだ

  7. 7

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  8. 8

    露骨な隠蔽工作発覚「桜を見る会」名簿廃棄は国会追及直前

  9. 9

    元ヤン公表が裏目…木下優樹菜は“現役ヤンキー”発覚で窮地

  10. 10

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る