「証言 治安維持法」NHK「ETV特集」取材班著 荻野富士夫監修

公開日: 更新日:

 後に「希代の悪法」と呼ばれた治安維持法は、1925年の制定から終戦まで運用され、検挙数は植民地を含め10万人以上に及ぶ。当時、非合法だった共産党を取り締まる目的で制定された法律だったが、次第に対象は一般市民にまで拡大し、多くの無実の人が過酷な取り調べを受けた。

 雇用の不安定さを解消するため、非正規の印刷工仲間と親睦会を結成して検挙された103歳の男性、義父が共産党員だったために14歳で連行され1カ月間も勾留され、拷問・取り調べを受けた105歳の女性など。当事者や遺族の証言からその運用実態を検証し、法治国家にあっても法そのものが国民の自由を奪う事態が起きることを警告するルポルタージュ。

(NHK出版 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  9. 9

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る

人気キーワード