「証言 治安維持法」NHK「ETV特集」取材班著 荻野富士夫監修

公開日: 更新日:

 後に「希代の悪法」と呼ばれた治安維持法は、1925年の制定から終戦まで運用され、検挙数は植民地を含め10万人以上に及ぶ。当時、非合法だった共産党を取り締まる目的で制定された法律だったが、次第に対象は一般市民にまで拡大し、多くの無実の人が過酷な取り調べを受けた。

 雇用の不安定さを解消するため、非正規の印刷工仲間と親睦会を結成して検挙された103歳の男性、義父が共産党員だったために14歳で連行され1カ月間も勾留され、拷問・取り調べを受けた105歳の女性など。当事者や遺族の証言からその運用実態を検証し、法治国家にあっても法そのものが国民の自由を奪う事態が起きることを警告するルポルタージュ。

(NHK出版 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  2. 2

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  3. 3

    案里議員認めた1億5000万円「安倍マネー」を原資に不正か

  4. 4

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  5. 5

    夫婦別姓「結婚しなくていい」ヤジはやはり杉田水脈議員

  6. 6

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  7. 7

    職場仲間である辛坊治郎のパワハラ疑惑について言いたい

  8. 8

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  9. 9

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  10. 10

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る