「ブルーブラッド」藤田宜永著

公開日: 更新日:

 終戦直後の昭和20年秋、軽井沢の山荘に疎開していた子爵の貝塚夫妻が、見知らぬ男によって射殺された。第一発見者は、メイドの八重。しかし、事件後、八重は姿を消してしまう。

 3年半ぶりに日本の地を踏んだ一人息子の透馬は両親の死を知り、八重の捜索のため東京に出る。

 上京してしばらく経ったある日、透馬は若い外国人に襲われる女性に出くわし、男ともみ合っているうちに拳銃で男を殺してしまう。助けた女性は、偶然にも捜していた八重だった。詳しく事情を聴いた透馬は、犯人のドイツ人捜しを始める。

 戦後の日本を舞台に、ナチスの隠し財産をめぐる国際諜報機関の謀略戦を描いた大作。

(徳間書店 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  8. 8

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  9. 9

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

  10. 10

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

もっと見る

人気キーワード