「明治大学ラグビー部、復活への軌跡」永田洋光著

公開日: 更新日:

 2019年、明治大学は天理大学を破り13回目の優勝を遂げた。それは22年ぶりの優勝だった。1999年度から2016年度まで、名門、明治大学は18シーズン連続で決勝まで進めなかったのだ。明大ラグビー部の部是は「前へ」であり、「前へ、復活」という見出しが新聞の紙面を飾った。

 だが、この勝利は90年代のように相手チームからスクラムトライを奪ったわけではなく、トライのすべてが15人の力を総合して奪ったものだった。これは、監督やコーチの意図とズレが生じていたのが修復され、意思決定システムが時代に合うようにアレンジされた結果ではないかと、著者は仮説を立てた。

 明大ラグビー部を復活させた田中監督の挑戦を描く。

 (洋泉社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    談志師匠から今度は「上納金」60万円催促の電話がかかり…

もっと見る

人気キーワード