「明治大学ラグビー部、復活への軌跡」永田洋光著

公開日: 更新日:

 2019年、明治大学は天理大学を破り13回目の優勝を遂げた。それは22年ぶりの優勝だった。1999年度から2016年度まで、名門、明治大学は18シーズン連続で決勝まで進めなかったのだ。明大ラグビー部の部是は「前へ」であり、「前へ、復活」という見出しが新聞の紙面を飾った。

 だが、この勝利は90年代のように相手チームからスクラムトライを奪ったわけではなく、トライのすべてが15人の力を総合して奪ったものだった。これは、監督やコーチの意図とズレが生じていたのが修復され、意思決定システムが時代に合うようにアレンジされた結果ではないかと、著者は仮説を立てた。

 明大ラグビー部を復活させた田中監督の挑戦を描く。

 (洋泉社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  6. 6

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  7. 7

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  8. 8

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  9. 9

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  10. 10

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る