「魂の痕(きずあと)」梁石日著

公開日: 更新日:

 主人公は、親の言いつけに従って隣村の朴家の一人息子と結婚した春玉。朴家は裕福な地主の家で、日本人とのつながりもあったことから春玉の父が進めた結婚話だったが、夫はまだ10歳の子どもだった。

 嫁いだその日から厳しい姑の監視のもとで家事に明け暮れる羽目になった春玉だが、次第に成長した夫が暴力を使って体を求めてくるようになり、奥から部屋の様子をうかがう姑の面前で陵辱するようになった。拒絶しても何度も体を求められ、さらに姑からもいびられる日々に耐えられなくなった春玉は、ついに親友のいる大阪へと逃げ出すことを思い立つ。

 しかしやっとの思いで朴家から逃れて、船旅の末にたどり着いた働き口で出会ったのは、春玉を思うままにしようとする男たち。屈辱の果てに待っていたのは、妊娠と解雇という最悪の状況だった……。

血と骨」で第11回山本周五郎賞を受賞した著者の最新作。済州島から大阪へと流れ着き、心も体もボロボロに傷つきながらも生き抜いた女の、苦しくもたくましい人生がつづられていく。男に虐げられながら、遠い故郷に思いを馳せる女の切ない思いが胸に迫る。

(河出書房新社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず