「騒がしい楽園」中山七里著

公開日: 更新日:

 園児への指導力を見込まれ、埼玉県の片田舎から世田谷区の閑静な住宅街の一角に立つ若葉幼稚園に異動してきた教諭の神尾舞子。着任早々、園長から騒音と待機児童問題トラブルがあることを聞かされるが、その日の2時間目、舞子は子供の声がうるさいと抗議にやってきた町内会長と対峙するはめに。さらに翌日には入園希望者向けの授業参観では、どうしても子供を入園させたいと食い下がる久遠友美につかまり辟易(へきえき)する。

 そんなある日、舞子が担当する年長クラスの結愛の父親が死亡したとの知らせが入った。それが悲劇のとば口だったかのように、園内の小動物が次々と惨殺される事件が続く。園の方針で舞子は同僚の池波と夜回りをした翌朝、園の正門で結愛の死体が発見された――。

 安楽死や臓器移植、いじめなど社会問題をテーマにした作品も多い著者の最新作。今作では幼稚園という子供たちの楽園を舞台に、少子化や待機児童、親同士の確執など、子供絡みのトラブルを各所に忍ばせ物語を展開。無垢(むく)な子供たちと大人たちのエゴの対比が際立つミステリーだ。

(朝日新聞出版 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  8. 8

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  9. 9

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  10. 10

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

もっと見る