「憲法九条の『損』と『得』」太田光、中沢新一著

公開日: 更新日:

 イギリスでは国民投票でEU離脱賛成という予想外の結果が出て混乱に陥っているが、この状態は正しいと太田は思っている。政治について日本人より理性的な判断をするイギリス人でさえ情動派が理性派を押し倒す可能性があるのだから、情動性の強い日本人が憲法改正をめぐる国民投票で冷静な判断をするかどうか疑問だと、中沢はみる。

 なにより重要なのは、この憲法でやっていくことが得か損か、考えることではないのか。憲法を変えてはいけないという声もあるが、国の成り立つ条件が根本から変わるようなときには変えていかなければならないのだ。「憲法九条を世界遺産に」の著書をもつ爆笑問題の太田と思想家の中沢の対談集。

(扶桑社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  10. 10

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

もっと見る

人気キーワード