「バカよさらば プロパガンダで読み解く日本の真実」倉山満著

公開日: 更新日:

 プロパガンダとは「政治目的を達成するために、自分の意思を他者に強要する宣伝手段」であり、それは現在でも使われている。

 たとえば「戦後レジーム」の総本山である内閣法制局は、政府が提出する法案を、憲法を頂点とする日本の法体系に矛盾がないか審査するのが本来の仕事である。ところが現実には、法制局がうんと言わなければ法案は通らなくなっている。実は憲法解釈の最終権限者は最高裁判所だが、彼らは法制局ほど法律に詳しくないので、法制局に逆らって独自の判断を下すことなどできない。法制局は、選挙で選ばれた政治家に対して拒否権など持っていないが、そう思わせている状況こそ、一種のプロパガンダなのだ。

 日本政治におけるプロパガンダを読み解く。

(ワニブックス 1296円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  6. 6

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る