「パラ・スター<Side 宝良>」阿部暁子著

公開日: 更新日:

 東京パラリンピックまであと数カ月に迫った1月、車いすテニスプレーヤーの宝良は、ジュニア時代から指導を受けるコーチの雪代と久しぶりに顔を合わす。昨秋、肺がんが判明し闘病中の雪代からは、連絡をすることも見舞いも禁じられていた。

 以来、試合で惨敗が続く宝良はランキングも下降、このままではパラリンピック出場も危うい状態に陥っていた。宝良は、春からクラブに戻るという雪代にコーチを続けてほしい。しかし、雪代にその申し出を断られ、ショックを受ける。

 交通事故で半身不随となった宝良が、車いすテニスで頂点を目指す姿を描いた青春スポーツ小説。宝良のために競技用車いす製作の道に進んだ百花を主人公にした<Side 百花>の続編。

(集英社 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  4. 4

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  5. 5

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  6. 6

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

もっと見る