「イラスト図解 オリンピック競技おもしろ大全」雑学総研著

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスの蔓延で開催が危ぶまれている東京五輪。数あるスポーツイベントの中でもオリンピックは別格、まして自国開催となると、普段スポーツに関心がない人でも無関心ではいられないはず。

 期せずして、私たちは昨年のラグビーワールドカップで、それまで縁のなかった種目でも、「にわかファン」でも、我を忘れるほど夢中になれることを知ってしまった。

 とはいっても、開催日が長期に及ぶワールドカップと異なり、オリンピック・パラリンピックは短期決戦。前者は17日間の間に全33競技(339種目)、後者は12日間で全22競技(539種目)が行われる。

 その全55競技の基本と見どころを解説してくれる本書は、いわばオリ・パラ観戦のための格好のアンチョコだ。

 例えば今大会から採用される「スケートボード」。オリンピックでは、街中のようなコースでトリック(技)を披露する「ストリート」と、くぼ地状のコースで空中へ高く飛び出すエア・トリックなどを競う「パーク」の2種目に分かれている。

 ストリートでは、ベンチや階段などを模した障害物(セクション)をスケートボードのデッキ(板)を使ってどのように滑るかが採点のポイントとなるそうだ。

 同じく新競技の「スポーツクライミング」や「サーフィン」をはじめ、ウエートリフティングの「スナッチ」と「クリーン&ジャーク」の違いなど、お馴染みの競技でも知っているようで知らなかったルールを再確認できる。

 さらにパラリンピックも陸上の細かなクラス分けの見方に始まり、「ボッチャ」やクラス分けがない「ゴールボール」など、ルールの解説から見どころや競技に関するウンチクまで網羅されている。

 これさえ手元にあればオリ・パラが100倍楽しめること間違いなし。果たして開催は……。

(KADOKAWA 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  8. 8

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  9. 9

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  10. 10

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

もっと見る