「イラスト図解 オリンピック競技おもしろ大全」雑学総研著

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスの蔓延で開催が危ぶまれている東京五輪。数あるスポーツイベントの中でもオリンピックは別格、まして自国開催となると、普段スポーツに関心がない人でも無関心ではいられないはず。

 期せずして、私たちは昨年のラグビーワールドカップで、それまで縁のなかった種目でも、「にわかファン」でも、我を忘れるほど夢中になれることを知ってしまった。

 とはいっても、開催日が長期に及ぶワールドカップと異なり、オリンピック・パラリンピックは短期決戦。前者は17日間の間に全33競技(339種目)、後者は12日間で全22競技(539種目)が行われる。

 その全55競技の基本と見どころを解説してくれる本書は、いわばオリ・パラ観戦のための格好のアンチョコだ。

 例えば今大会から採用される「スケートボード」。オリンピックでは、街中のようなコースでトリック(技)を披露する「ストリート」と、くぼ地状のコースで空中へ高く飛び出すエア・トリックなどを競う「パーク」の2種目に分かれている。

 ストリートでは、ベンチや階段などを模した障害物(セクション)をスケートボードのデッキ(板)を使ってどのように滑るかが採点のポイントとなるそうだ。

 同じく新競技の「スポーツクライミング」や「サーフィン」をはじめ、ウエートリフティングの「スナッチ」と「クリーン&ジャーク」の違いなど、お馴染みの競技でも知っているようで知らなかったルールを再確認できる。

 さらにパラリンピックも陸上の細かなクラス分けの見方に始まり、「ボッチャ」やクラス分けがない「ゴールボール」など、ルールの解説から見どころや競技に関するウンチクまで網羅されている。

 これさえ手元にあればオリ・パラが100倍楽しめること間違いなし。果たして開催は……。

(KADOKAWA 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  3. 3

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  4. 4

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  5. 5

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  6. 6

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  9. 9

    小宮悦子は2度の離婚で大ダメージ負う…泥沼の不倫裁判も

  10. 10

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

もっと見る

人気キーワード