「あめつちのうた」朝倉宏景著

公開日: 更新日:

 阪神園芸に入社して、グラウンドキーパーになった雨宮大地。巨人のツーランホームランに「っしゃあ!」とガッツポーズを決めた瞬間、室内の温度がすうっと冷めた。先輩の甲斐が「まさか巨人ファンちゃうやろな?」。

 東京の実家を出るとき、母に、巨人ファンであることを隠し通すように言われたのに。ずばぬけて運動神経がある父に似なかった大地は、高校3年のとき、野球部の記録員として甲子園に来た。試合に負けて甲子園の土を拾うエースをカメラマンが執拗に狙った。そのとき、それを遮ってくれたのがグラウンドの整備員だった。それを見て、大地は「ここに戻ってきたい」と切望したのだ。

 野球の聖地・甲子園を守る裏方を描く。

(講談社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  2. 2

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  3. 3

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  4. 4

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  5. 5

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  6. 6

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

  7. 7

    阪神・藤浪と巨人・澤村…先にトレードされるのはどっち?

  8. 8

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  9. 9

    アベノミクス崩壊…企業の内部留保激増も家計には恩恵なし

  10. 10

    阪神・藤浪が5日先発 ノーコン男に好調巨人打線も戦々恐々

もっと見る