吉川永青(作家)

公開日: 更新日:

9月×日 7月に入稿した神武東征の物語について、版元のご意見を踏まえて改稿作業中。執筆の参考にした、長浜浩明著「古代日本『謎』の時代を解き明かす」(展転社 1780円+税)に改めて目を落とす。史学界では確実に否定されるだろう論理のオンパレードだが、とにかく面白い本だ。古代日本の歴史に「定説」はあれど、確定した「史実」は存在しない。ゆえに戯作者の私が戯作として書く以上、面白いと思う論は積極的に取り入れた。学者ではないのだから、それで良かろう、なのだ。

9月×日 改稿作業を終えて息抜き。腹筋運動の補助器具でエクササイズをしながら高野裕也著「魔物たちは片付けられない」第4巻(スクウェア・エニックス 618円+税)で頭を休めた。ファンタジーのコメディー漫画で、6月に刊行された4巻は最終巻である。諸々の問題を掃除で解決していくという着眼点には敬服した。漫画ならではの「馬鹿馬鹿しい」はあれど、それとて誉め言葉だ。しっとりと心を揺さぶってくれる物語には大いに癒される。ともすれば漫画は小説その他よりも低く見られがちだが、残念なことではないか。物語を紡ぐという行為は小説も漫画も変わらないはずである。しかも文章なら何十字、何行と使うところ、漫画なら絵とわずかな台詞で表せるのだ。違うのは表現の形態のみ、極めて優秀なメディアと言えよう。

10月×日 ようやく暑さも落ち着いてきたので、久しぶりに家内と散歩に出る。ついでに煙草を買ったのだが、思い出した、今月から値上げだった。法で認められた嗜好品に、こうまで重税を課すのは如何なものだろう。そう言えば「もうすぐ絶滅するという煙草について」(キノブックス 1500円+税)という本があった。42人の執筆者による煙草エッセー集だが、執筆者は愛煙家だけに留まらない。多角的な視点と意見が集まっているため、フラットな感覚でそれぞれの言い分に触れられる1冊だ。喫煙者にも嫌煙者にも一度読んでもらいたいな、などと思った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

  2. 2
    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

  3. 3
    ロシア国内で「万引き急増」のナゼ…ウクライナ侵攻後に多発、買い物カゴごと盗む大胆さ

    ロシア国内で「万引き急増」のナゼ…ウクライナ侵攻後に多発、買い物カゴごと盗む大胆さ

  4. 4
    和田アキ子が出産した石原さとみから「電話ない」と発言…関係者が憂慮する“2人の溝”

    和田アキ子が出産した石原さとみから「電話ない」と発言…関係者が憂慮する“2人の溝”

  5. 5
    NHK朝ドラ「ちむどんどん」正念場…識者も「おとぎ話すぎる」「絵空事に見える」と超辛口

    NHK朝ドラ「ちむどんどん」正念場…識者も「おとぎ話すぎる」「絵空事に見える」と超辛口

もっと見る

  1. 6
    日本ハム最下位低迷&観客動員数ワーストでもBIGBOSS効果は絶大!育成と勝利の両立が形に

    日本ハム最下位低迷&観客動員数ワーストでもBIGBOSS効果は絶大!育成と勝利の両立が形に

  2. 7
    ロシア軍が地上戦力3分の1損失の深刻…プーチン大統領が“禁じ手”少年兵15万人動員か

    ロシア軍が地上戦力3分の1損失の深刻…プーチン大統領が“禁じ手”少年兵15万人動員か

  3. 8
    フジ木曜劇場が攻めに転じた? 土屋太鳳「やんごとなき一族」“いかにも感”で開き直り

    フジ木曜劇場が攻めに転じた? 土屋太鳳「やんごとなき一族」“いかにも感”で開き直り

  4. 9
    広島・遠藤淳志“自業自得”プロ初完封逃す…9回表に打者で遊ゴロ→一塁まで全力疾走

    広島・遠藤淳志“自業自得”プロ初完封逃す…9回表に打者で遊ゴロ→一塁まで全力疾走

  5. 10
    ウクライナ出身女性 射撃の金メダリストが国家警備隊への入隊決意!

    ウクライナ出身女性 射撃の金メダリストが国家警備隊への入隊決意!

人気キーワード