「目に見えない傷」レイチェル・ルイーズ・スナイダー著 庭田よう子訳

公開日: 更新日:

 2017年、世界中で5万人の女性がパートナーまたは家族によって殺されている。アメリカでは毎月15人の女性が親密なパートナーによって“銃”で殺されている。こうした事実があるにもかかわらず、これまでDVは各家庭の個別の問題とみなされ、対応が遅れていた。しかし、本書の著者は「DVは個人的な問題ではなく、公衆衛生の喫緊の課題である」と明言する。本書は、外からは見えにくいDVの実態を、被害者、加害者、双方の家族、そして支援組織や担当警官などから直接話を聞き、多層的に描いていく。

 本書ではいくつかのDV事件が取り上げられているが、そのひとつは2001年モンタナ州で起きた事件だ。4人家族の父親が、妻と2人の娘を殺害後、自ら命を絶った。著者は、妻の実家および加害者の実家を訪れ、2人がどうやって出会い、事件に至るまで何が起こっていたのかを詳細に記していく。事件が起きるまでに夫から妻への暴行は何度もくり返され、妻は危険を察知し子どもを連れて何度か逃げているが、結局は夫のもとに戻り、ついに悲劇的な結末を迎えることになる。

 こうした場合、よくいわれるのが、「被害者はなぜ加害者のもとにとどまるのか」という疑問である。しかし著者は、被害者のことを自分たちが理解していないからこうした疑問をぬけぬけと発するのだと批判する。実際に圧倒的な暴力にさらされている人間の恐怖は、なかなか他の人に伝わりにくい。実際この事件でも加害者・被害者双方の家族はそこまでの危険を感じ取っていなかった。しかし、それをできなかったことはその後、長い間双方の家族を苦しめることになる。

 一方で、DV事件の予防、被害者支援、加害者の更生を目指す各種の組織・運動も出てきており、それらについても多くのページが割かれている。本書では銃社会アメリカの特質が描かれているが、その根っこは日本でも同じで、つい最近も悲劇的なDV事件が伝えられた。見えにくいこのDV問題の本質を理解することが何より必要だろう。 <狸>

(みすず書房 4500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

  2. 2
    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

  3. 3
    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

  4. 4
    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  5. 5
    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

もっと見る

  1. 6
    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

  2. 7
    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

  3. 8
    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

  4. 9
    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

  5. 10
    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い

    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い

人気キーワード