「カンパニー」伊吹有喜著

公開日: 更新日:

 近年では雇用調整のほかに労働環境の改善、人材の育成・交流など多目的に活用されている「出向」。とはいえ、それまでの業務とまったく畑違いの分野への出向を命じられたら戸惑うのは当然だろう。製薬会社の総務畑を歩んできた本書の主人公の出向先は、なんとバレエ団。このむちゃな人事に主人公はどう対処していくのか?

【あらすじ】青柳誠一47歳は大手製薬会社の有明製薬に入社して25年。最初の3年を営業部に在籍した後は総務畑で過ごしてきた。

 同製薬は製菓会社を吸収合併して有明フード&ファーマシューティカルズと社名を変更。社名変更のイメージキャラクターになったのは天才バレエダンサーの高野悠で、年末に日本の敷島バレエ団の公演に客演することになった。

 同バレエ団には社長の娘がトップバレリーナとして在籍していることもあって、全社挙げての協力態勢を敷いている。青柳はそのバレエ団に出向して公演を是が非でも成功させる役目を命じられたのだ。

 しかし、長年連れ添ってきた妻が突然別れを言い出して、中学生の娘を連れて家を出てしまい途方に暮れる青柳。そこへ肝心の高野が古傷が再発し踊れないと言い出す。おまけに上層部の暴走で、高野の相手に人気のダンスユニットのバーバリアン・Jの若手を起用することに。

 そんな素人相手に踊れるかと憤る高野と面目を潰されて戸惑うバレエ団の面々。次々に舞い込むトラブルに青柳は、総務部で培ったスキルを使いながら誠実に取り組んでいく……。

【読みどころ】実力があるのに力を発揮できないバレリーナ、信頼していたマラソン選手に裏切られて再起を図るスポーツトレーナーなど脇役陣も魅力的。宝塚歌劇団で舞台化もされた秀作。<石>

 (新潮社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  3. 3
    清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力

    清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力

  4. 4
    日本ハム清宮&万波スタメン外れ完封負け…改めて分かった“長距離砲”2人の存在感

    日本ハム清宮&万波スタメン外れ完封負け…改めて分かった“長距離砲”2人の存在感

  5. 5
    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

もっと見る

  1. 6
    山口・阿武町4630万円誤送金「元ギャンブル狂」24歳男が単身で清貧生活を送っていたワケ

    山口・阿武町4630万円誤送金「元ギャンブル狂」24歳男が単身で清貧生活を送っていたワケ

  2. 7
    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

  3. 8
    帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか

    帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか

  4. 9
    誤送金“使い切った”24歳無職男から「5116万円全額回収」は可能か? 月5万円返済でも85年

    誤送金“使い切った”24歳無職男から「5116万円全額回収」は可能か? 月5万円返済でも85年

  5. 10
    落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」

    落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」

人気キーワード