「カンパニー」伊吹有喜著

公開日: 更新日:

 近年では雇用調整のほかに労働環境の改善、人材の育成・交流など多目的に活用されている「出向」。とはいえ、それまでの業務とまったく畑違いの分野への出向を命じられたら戸惑うのは当然だろう。製薬会社の総務畑を歩んできた本書の主人公の出向先は、なんとバレエ団。このむちゃな人事に主人公はどう対処していくのか?

【あらすじ】青柳誠一47歳は大手製薬会社の有明製薬に入社して25年。最初の3年を営業部に在籍した後は総務畑で過ごしてきた。

 同製薬は製菓会社を吸収合併して有明フード&ファーマシューティカルズと社名を変更。社名変更のイメージキャラクターになったのは天才バレエダンサーの高野悠で、年末に日本の敷島バレエ団の公演に客演することになった。

 同バレエ団には社長の娘がトップバレリーナとして在籍していることもあって、全社挙げての協力態勢を敷いている。青柳はそのバレエ団に出向して公演を是が非でも成功させる役目を命じられたのだ。

 しかし、長年連れ添ってきた妻が突然別れを言い出して、中学生の娘を連れて家を出てしまい途方に暮れる青柳。そこへ肝心の高野が古傷が再発し踊れないと言い出す。おまけに上層部の暴走で、高野の相手に人気のダンスユニットのバーバリアン・Jの若手を起用することに。

 そんな素人相手に踊れるかと憤る高野と面目を潰されて戸惑うバレエ団の面々。次々に舞い込むトラブルに青柳は、総務部で培ったスキルを使いながら誠実に取り組んでいく……。

【読みどころ】実力があるのに力を発揮できないバレリーナ、信頼していたマラソン選手に裏切られて再起を図るスポーツトレーナーなど脇役陣も魅力的。宝塚歌劇団で舞台化もされた秀作。<石>

 (新潮社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  3. 3

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  4. 4

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  5. 5

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  8. 8

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  9. 9

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  10. 10

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

もっと見る

人気キーワード