「陽眠る(ひねむる)」上田秀人著

公開日: 更新日:

 1868年、鳥羽・伏見の戦いで敗北したが、大坂城の幕府軍は意気軒高だった。だが、徳川慶喜は2年前にオランダで造船された軍艦開陽丸で、兵を見捨てて江戸に逃げ帰る。

 薩長の新政府は軍艦の引き渡しを要求するが、幕臣の勝海舟は開陽丸をはじめとして8隻を守り通した。新政府による江戸攻撃に備え、勝は開陽丸で慶喜を横浜に停泊しているフランス艦に運び、亡命させようと考える。海外で亡命政府をつくろうとしたのだ。

 だが、兵力に勝る新政府軍に敗れ、徳川は70万石の一大名となった。家臣を養うために、勝は開陽丸で外国と交易をしようとするが、榎本武揚らは、開陽丸が死に場所を失うと反対する。

 軍艦開陽丸を通して、幕末を生きた男たちを描く。

(角川春樹事務所 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

  2. 2

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  3. 3

    大鹿理財局長の「何をもって虚偽とするか」発言に唖然呆然

  4. 4

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  5. 5

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  6. 6

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

  7. 7

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  8. 8

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  9. 9

    東京五輪開催で「コロナに打ち勝つ」はつじつまが合わない

  10. 10

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

もっと見る

人気キーワード