「倒錯のロンド 完成版」折原一著

公開日: 更新日:

 推理作家志望の山本は、新人賞に応募するため執筆にとりかかる。しかし、タイトル以外、何も浮かばない。悶々とした日々が続くが、締め切りまで2カ月と迫ったある日、突然、天の啓示を受けたように筆が進み、2週間で400枚を超える作品を書き上げる。

 親友の城戸もその出来映えに太鼓判を押し、自らワープロで清書してくれるという。数日後、山本を訪ねてきた城戸の顔が青ざめていた。出来上がった原稿を電車の網棚に忘れ、見つからないという。

 一方、忘れ物の原稿を入手した永島は、自分が応募して賞金1000万円を手に入れようと画策。そのために「山本」を自殺に見せかけて殺すことに。

 著者が若き日、実際に江戸川乱歩賞に応募した作品を32年ぶりに加筆修正した完成形。

(講談社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る

人気キーワード