「図書館の外は嵐」穂村弘著

公開日: 更新日:

 ×月×日、レイ・ブラッドベリの短編「対象」を読んだ。1948年発表の、1997年を舞台にした作品で、前世紀半ばに作者が想像した世紀末世界である。2018年にこの作品を読んだ私は、「未来」がどうなったか知っている。作品に登場する「ロボット給仕機」「航星船」は2018年にはない。

 別の日に、1980年代に発表された佐藤史生の漫画「ワン・ゼロ」を読んだ。舞台は1998年から1999年。登場人物が「本物のイクラ食べるのってひさしぶりよ」と言う。まともな寿司屋でもコピー食品を使っていて、「現実」に近いが微妙にずれている。(「追い越された未来」)

 ほかに萩尾望都、原民喜ら広い分野を渉猟する歌人の読書日記。

(文藝春秋 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  9. 9

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  10. 10

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

もっと見る

人気キーワード