「余命3000文字」村崎羯諦著

公開日: 更新日:

 ある日、「俺」は医師から「余命3000文字」と宣告される。その文字数に達したときに俺は死ぬという。このやりとりの間にも文字はどんどん減っていく。

 医師によると治療法はないが対策はあるという。できるだけ同じ毎日を過ごし、当たり障りのない人生を過ごせば、それだけ長く生きられるというのだ。その言葉通りに過ごして5年が経った35歳の誕生日。人生はまだ残り2100文字ほど残っている。このままいけば天寿を全うできそうだと思ったその夜、近所で火災が発生。外に出ると木造アパートが燃えている。母親らしき女性の「まだ中に子供が!」という声を耳にした俺の余命は、その時点で1500文字。

 その他、「彼氏がサバ缶になった」など奇想に満ちた26編を収録。

(小学館 650円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  10. 10

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

もっと見る

人気キーワード