「デス・ゾーン」河野啓著

公開日: 更新日:

 2018年5月に、エベレストで滑落死した登山家・栗城史多氏。本書は、北海道放送のディレクターとして栗城氏と出会った著者が、彼の死後改めて周囲の人々に取材しつつ彼の真の姿に迫ろうと試みたドキュメンタリー。昨年、第18回開高健ノンフィクション賞を受賞している。

「単独無酸素での七大陸最高峰登頂」がキャッチフレーズだった栗城氏への取材を進めるうち、著者は彼の言動の危うさに気づき、彼はネット配信を目的としたエンタメ劇場の場として山に登っているのではないかと思い始める。そして彼を最後に無謀な死へと追いやったのは、誇大広告と知りつつ彼に群がった自分を含めたメディアだったのではないかという結論に行きつく。

 著者には、かつて「ヤンキー母校に帰る」というドキュメンタリー番組で義家弘介氏を描いた過去があった。義家氏を全国区の著名人へと押し上げた末に、彼が政治家に転身して母校で語った理想の教育と真逆の行動をとった姿を忸怩(じくじ)たる思いで見たことも告白している。

 ひとりの登山家の真実の姿のみならず、メディアの今の姿に直面させられる書となっている。

(集英社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

もっと見る

人気キーワード