北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「日々翻訳ざんげ」田口俊樹著

公開日: 更新日:

 奇書である。「エンタメ翻訳この四十年」という副題の付いた本で、つまりはエンタメ翻訳の第一人者がこれまでの仕事を振り返る自伝である。その道で成功した人の自伝ならば、どこかに自慢話が潜むものだが、なんとこの本、そういう箇所がひとつもない。では、何が書かれているのか。自分がいかに誤訳をしてきたのか、その懺悔の記録なのである。

 たとえば、1980年にローレンス・ブロック「泥棒は選べない」を訳したとき、主人公が「ブルーミングデールズ」の買い物袋を持って歩いているシーンがあったが、この「ブルーミングデールズ」がなんのことなのか著者は知らなかった。アメリカを代表する高級デパートだが、そのときはニューヨークに行ったこともないし、当時はウィキペディアもない。ニューヨーク在住6年という知人に聞いたら、大手のスーパーマーケットと言うので、そうかと迷うことなく、その通りに訳注を入れた。すると、ある作家の連載中の小説で、「ブルーミングデールズも最近は左前になったらしいね。スーパーに身売りしたそうだ。ポケミスの『泥棒は選べない』の訳注にそう書いてあった」とネタにされたという。ニューヨーク在住の知人は、三越と西友の違いもよくわからない人だったのである。

 英日と日英は違うというのも面白く、後者が苦手な著者がジョン・ル・カレを怒らせた手紙の話がケッサク。翻訳の裏側をのぞくことができる快著だ。

 (本の雑誌社 1760円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  9. 9

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  10. 10

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

もっと見る

人気キーワード