北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「父を撃った12の銃弾」 ハンナ・ティンティ著 松本剛史訳

公開日: 更新日:

 父親の体には、たくさんの銃弾の痕がある。ルーはその傷痕を見て成長する。父さんの傷はどうしてあんなにたくさんあるんだろうと。旅暮らしなので、いつも友人が出来る前に引っ越す連続だが、そのことに不満はない。母さんはどんな人だったのだろうと思うだけだ。いじめに遭ったり(それでもこの少女は黙ってやられていないから頼もしい)、幼い恋をしたりして少女の日々は過ぎていく。

 並行して語られるのは、父親ホーリーの青春記だ。銃弾の痕がなぜ出来たのか、その経緯をひとつずつ語る回想が挿入されていく。中でも印象深いのは、リリーに撃たれることになった経緯だ。お涙ちょうだいの美談をでっちあげてトラックを盗もうとした15歳の少年をホーリーが叩きのめしたとき、彼の圧倒的な暴力を止めるためにリリーは銃を発射する。いくらホーリーの体ではなく、足に向かって発射したとはいえ、激しい女性といっていい。

 不穏な空気がどんどん膨れ上がって、ラストになだれ込んでいくストーリー展開もうまいが、なんといっても自然描写が素晴らしい。生まれたばかりの娘ルーを連れて、母親リリーと父親ホーリーが湖で泳ぐシーンが特に美しい。つまり、人物造形が巧みで、ストーリーも面白く、描写も秀逸という三拍子揃った小説なのである。

 美しくも哀しい恋愛小説であり、不穏なクライムノベルであり、そして奥行きのある家族小説だ。

(文藝春秋 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  7. 7

    組織委の露骨な人種差別発覚! アフリカ人パフォーマーの開会式出演を排除していた

  8. 8

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  9. 9

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

  10. 10

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

もっと見る

人気キーワード