「非弁護人」月村了衛著

公開日: 更新日:

 6年前、同僚と上層部の裏切りに遭い、東京地検特捜部を追われ、弁護士の道までも絶たれた宗光彬。現在は、裏社会の住人から高額の報酬と引き換えに、不可能とも思える法律絡みの案件を解決する<非弁護人>をなりわいとしている。

 ある日、宗光はひょんなことから、パキスタン人の少年・マリクから「消えた同級生を捜してほしい」と頼まれた。行方不明の少女とその家族を追ううちに、不可解な事件が次々と浮かび上がってくる。有機農法、シェア別荘、不動産投資……。そこに関わっているのは底辺ヤクザや社会的マイノリティーで、家族や親族を巻き込んで、ある日突然姿を消していた。そして案件には同一人物と思われる男、<ヤクザ喰い>の存在があった。

 やがてある失踪者の恋人の目撃から彼らの凄惨な末路を知った宗光は、東西の極道たちを巻き込み、<ヤクザ喰い>をじわりじわりと追い詰めていく――。

 法の知識を駆使し、裏社会と表社会のはざまで生きる宗光を主人公に描くリーガルサスペンス。

 点でしかなかった事件が一つの線となり、明らかになっていく手口とその全貌に戦慄が走る。

 ストーリーの面白さもさることながら、人々の無関心、偏見、不寛容といった社会の在り方に警鐘を鳴らす重厚な物語だ。

(徳間書店 1870円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  2. 2

    石橋貴明×鈴木保奈美「電撃卒婚」の全舞台裏 オワコン夫の束縛と売れっ子妻への嫉妬

  3. 3

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  4. 4

    五輪開会式「極秘演出」がまさかのダダ漏れ! 臆面もなく再びゲーム頼みか

  5. 5

    自民を牛耳る3A+S「今の世の中、右も左も真っ暗闇じゃござんせんか」が日本の姿

  6. 6

    渡部建が「芸能界グルメ王」の座を明け渡す日…小木博明が“救いの手”も復帰の兆しなく

  7. 7

    キスマイ北山宏光がクズ男役でギリギリ濡れ場を好演 ジャニーズ俳優の新境地を開拓

  8. 8

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  9. 9

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  10. 10

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

もっと見る

人気キーワード