「レッドネック」相場英雄著

公開日: 更新日:

 米系大手広告代理店オメガエージェントに転職した矢吹蛍子は、ある日突然、上司からバンクーバーへの出張を命じられる。そこでケビン坂田という人物に会い、あるプロジェクトへの協力を要請して確実に約束を取り交わしてこいというのだ。ところが不可解なことに、上司はプロジェクトの概要やケビン坂田の詳細について、極秘プロジェクトであることを理由に何一つ教えてくれなかった。

 怪訝(けげん)に思いながらも矢吹はケビン坂田に会う。契約にこぎつけたものの、依頼をメールで行わずわざわざ出向いたことや、ケビンに支払われるギャラが60億円もの大金であることから、矢吹は自分が危ういプロジェクトに関わっているのではないかと思い始める。やっとの思いでケビンから聞き出せたのは、「レッドネック」という、このプロジェクトの名前だけだった……。

 誰もがスマートフォンを持ち歩き、SNSを利用する社会の中で膨大に蓄積されていく個人情報の行方について取り上げた問題作。都知事選挙が行われようとしている東京を舞台に、情報が金になり力となる現代社会のからくりが見えてくる。

(角川春樹事務所 1870円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  2. 2

    石橋貴明×鈴木保奈美「電撃卒婚」の全舞台裏 オワコン夫の束縛と売れっ子妻への嫉妬

  3. 3

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  4. 4

    五輪開会式「極秘演出」がまさかのダダ漏れ! 臆面もなく再びゲーム頼みか

  5. 5

    自民を牛耳る3A+S「今の世の中、右も左も真っ暗闇じゃござんせんか」が日本の姿

  6. 6

    渡部建が「芸能界グルメ王」の座を明け渡す日…小木博明が“救いの手”も復帰の兆しなく

  7. 7

    キスマイ北山宏光がクズ男役でギリギリ濡れ場を好演 ジャニーズ俳優の新境地を開拓

  8. 8

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  9. 9

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  10. 10

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

もっと見る

人気キーワード