北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

公開日: 更新日:

 新野剛志がこういう小説を書くとは思ってもいなかった。いやあ、うれしい。

 昭和11年の満州を舞台にした長編である。主人公の鷲尾順之介はパイロット。とくれば、満州の空で戦闘機の空中戦が行われる小説なのか、と思うところだが、そうではない。なぜなら、鷲尾順之介が乗る航空機は、戦闘機ではないからだ。

 彼が所属するのは、新聞社の航空部である。大正の終わりに大阪―東京間の郵便飛行を行う東西定期航空会を朝日新聞社が発足させたのが、新聞社の航空部の始まりで、当初は飛行披露会やビラをまいたりの宣伝利用だった。ところが満州事変の勃発以降は、大陸での戦況を写真入りで伝えようと各社は社機を飛ばして写真原稿の運搬にあたるようになる。つまり他社との競争だ。鷲尾順之介はそういう時代のパイロットなのである。

 内蒙古からある「荷物」を運べと命令されるところから彼の冒険が始まっていく。それを邪魔する者たちも現れて、誰が敵やら味方やら皆目わからない手さぐりの冒険行だ。空の描写も迫力満点で、昔懐かしい冒険小説の香りが漂う好編といっていい。

 新野剛志は、「八月のマルクス」で江戸川乱歩賞を受賞したのが1999年だから、ベテラン作家である。近年はテレビドラマにもなった「あぽやん」シリーズで話題にもなったが、その実力は折り紙付き。今回もたっぷりと読ませます。

 (中央公論新社 2310円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カットボールが高校野球では危険な球種になってしまう理由

    カットボールが高校野球では危険な球種になってしまう理由

  2. 2
    古舘伊知郎に何が? 出演番組で言いたい放題大暴走で“困ったおじさん”化

    古舘伊知郎に何が? 出演番組で言いたい放題大暴走で“困ったおじさん”化

  3. 3
    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

  4. 4
    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

  5. 5
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

もっと見る

  1. 6
    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

  2. 7
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  3. 8
    フワちゃん“賞味期限切れ”間近…キャラ変で目指すなら近藤春菜のMC路線か?

    フワちゃん“賞味期限切れ”間近…キャラ変で目指すなら近藤春菜のMC路線か?

  4. 9
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

  5. 10
    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

人気キーワード