北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「ランチ酒 今日もまんぷく」原田ひ香著

公開日: 更新日:

 本書のヒロイン、犬森祥子の職業は変わっている。「見守り屋」なのだ。聞き慣れない職業だが、ようするに、ワケあり客のそばで寝ずの番をする仕事。「中野お助け本舗」の社長亀山から、その仕事はまわってくる。亀山は「働くな、動くな、見守るだけ」と言う。客が部屋の片付けをしていると、祥子はつい手伝ってしまうからだ。

「働くほうが安易なんだよ。そこでじっと何もしない方が高度なの。そして、そのために俺らは呼ばれているの。働く方が正しいなんて思うな」

 というわけで、祥子の仕事はいつも朝か昼前に終わる。あとは部屋に帰って寝るだけなので、必ずランチを食べながら飲むことになる。

 本書はシリーズ第3弾だが、蒲田の餃子から末広町の白いオムライスまで、おそらくすべて実在の店と思われるが、次々に紹介されていく。ヒロイン祥子の、ランチを選ぶ基準ははっきりしている。酒に合うか合わないか。だから必ず、その料理に合う酒が紹介される。これが本書のキモ。

 それにしても、ホントにおいしそうだ。読んでいるだけで、とても幸せな気分になる。これ、作者が実際に食べているのではないかと思われるほど、食事シーンにはリアリティーがあふれている。口の中に、その香りと匂いと感触が、複雑な味となっていっぱいにひろがるのだ。広島の鉄板焼き屋で食べる「うにクレソン」が特においしそうだ。

(祥伝社 1650円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  6. 6

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  7. 7

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  8. 8

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

もっと見る

人気キーワード