北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「日露戦争秘話 西郷隆盛を救出せよ」横田順彌著、日下三蔵編

公開日: 更新日:

 中村春吉秘境探検記シリーズの最終編である。最終編とはいっても、それぞれが独立して読めるようになっているので、これまでの2作「幻綺行 完全版」「大聖神」を未読の方も安心して読まれたい。これが面白ければ、前2作に遡ればいい。

 今回は、タイトル通り、西郷隆盛を救出するためにロシアの奥地に潜入する話である。西南戦争で死んだはずの西郷隆盛は、盟友陸奥宗光に助けられ、ひそかにロシアに渡ったというのである。ロシアの皇太子ニコライに気に入られ、最初は国賓待遇を受けていたが、ニコライの機嫌をそこねてシベリアの監獄に送られたとのこと。日本国内には西郷隆盛の帰国を望まない人間もいるので、正規の軍関係者を派遣できず、民間人の中村春吉に声がかかったというわけだ。

 かくて、たった1人でロシア奥地に潜入していくことになるが、旅の途中でいろいろな同行者ができるのはこの手の物語の常套といってよく、しかし群を抜いて面白いのは、虎が中村春吉の同行者となること。傷ついた虎を助けたら、なぜか春吉に懐いてついてくるのだ。しかも春吉の味方と敵を的確に見分けて、春吉が危機に瀕するとたちまち敵に飛びかかるから、頼もしい援軍といっていい。

 ロシア語もできないのにロシア奥地まで潜入するのはどうなのよ、というムキもあるかもしれないが、それはご愛嬌。とても愉しい小説だ。 (竹書房 1430円)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    基礎疾患ナシ20代コロナ軽症者が自宅で急変死!「第7波の死者数が最多になる恐れ」と専門家

    基礎疾患ナシ20代コロナ軽症者が自宅で急変死!「第7波の死者数が最多になる恐れ」と専門家

  2. 2
    豪州の農場に刺さった巨大な物体は…なんと「宇宙船」の破片!

    豪州の農場に刺さった巨大な物体は…なんと「宇宙船」の破片!

  3. 3
    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

  4. 4
    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

  5. 5
    昭恵夫人“安倍家追放”報道で東京→山口に移住?「スピリチュアル活動」も活発化の予感

    昭恵夫人“安倍家追放”報道で東京→山口に移住?「スピリチュアル活動」も活発化の予感

  1. 6
    ガーシーを国会議員に当選させた有権者の責任…気にいらない相手を「晒す」悪癖と驚愕の報酬

    ガーシーを国会議員に当選させた有権者の責任…気にいらない相手を「晒す」悪癖と驚愕の報酬

  2. 7
    NHK大慌て!全職員に「旧統一教会問題を取材せよ」とゲキ “#もうNHKに金払いたくない”警戒か

    NHK大慌て!全職員に「旧統一教会問題を取材せよ」とゲキ “#もうNHKに金払いたくない”警戒か

  3. 8
    ボロボロだった渋野日向子が突然“豹変”したワケ 全英女子8バーディー単独首位発進!

    ボロボロだった渋野日向子が突然“豹変”したワケ 全英女子8バーディー単独首位発進!

  4. 9
    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

  5. 10
    TBS「水ダウ」に抗議の日本吃音協会が“逆炎上”している理由…過剰反応が芸人の仕事を奪う?

    TBS「水ダウ」に抗議の日本吃音協会が“逆炎上”している理由…過剰反応が芸人の仕事を奪う?