一ノ瀬俊也(埼玉大学教養学部教授)

公開日: 更新日:

8月×日 陸上自衛隊が舞台のテレビドラマを観ている。いわゆる落ちこぼれ男子たちの青春物語で、女性はというと「美人」と呼ばれる教官が1人。彼女は隊員たちの成長に一定の役割を果たすが、しょせんは「紅一点」的な位置づけだ。

 先月観た米国映画「トップガン・マーヴェリック」で、米海軍の女性パイロットが男性に混じって戦闘機を操っていたのとはだいぶ違う。自衛隊にとって女性とは何なのだろう……というところで手に取りたいのが、佐藤文香著「女性兵士という難問 ジェンダーから問う戦争・軍隊の社会学」(慶應義塾大学出版会 2640円)。自衛隊の隊員募集ポスターを分析すると女性の写真や美少女の絵が多数登場するが、それは自衛隊の軍事主義的側面を薄める広報戦略の一環といえる。自衛隊にとって女性とは人材難緩和の貴重な“戦力”であるとともに「軍事組織を現代的にイメージチェンジさせてくれるアイコン」である。女性隊員の「活躍」や「登用」が推進されるのはそのためでもある。そう考えると、先のドラマにおける女性の扱いも得心がいく。

8月×日 今年もまた終戦記念日がめぐってくる。昔にくらべて各メディアの戦争報道もかなり減ったが、いっぽうで客観的な分析も増えてきたように思う。そのひとつが清水亮著「『予科練』戦友会の社会学 戦争の記憶のかたち」(新曜社 3520円)。戦後、多くの元兵士たちが戦友会を作ったが、参加した人びとは何を思っていたのだろうか。本書は、海軍の飛行予科練習生の戦友会を事例として、彼らが戦後社会を生きた軌跡をていねいに描く。

 元予科練生たちは慰霊碑の建立などの活動を通じて新たな社会的つながりを構築していった。そのなかで予科練の基地があった茨城県阿見町に予科練の記念館が作られ、戦争の記憶は地域の次代に受け継がれていく。今年も繰り返されるであろう「戦争の記憶の風化」というステレオタイプな見方に一石を投じる労作。

【連載】週間読書日記

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

  3. 3
    ベッツにカーショー、フリーマン…ド軍MVP3人の仰天素顔

    ベッツにカーショー、フリーマン…ド軍MVP3人の仰天素顔

  4. 4
    中森明菜が完全復活へ!公式YouTubeで“顔出し歌唱”披露、変わらぬ美しさにファン歓喜

    中森明菜が完全復活へ!公式YouTubeで“顔出し歌唱”披露、変わらぬ美しさにファン歓喜

  5. 5
    林真理子日大理事長の入学式祝辞 意地悪な人たちも返す言葉がないんじゃない?

    林真理子日大理事長の入学式祝辞 意地悪な人たちも返す言葉がないんじゃない?

  1. 6
    オリックス山下舜平大を直撃「山本由伸先輩からどんな影響を?」「メジャーに行きたい?」

    オリックス山下舜平大を直撃「山本由伸先輩からどんな影響を?」「メジャーに行きたい?」

  2. 7
    トー横で15歳少女を“借金沼”にハメたイケメンホストの素性は…高校野球の名門「駒大苫小牧」の元主将

    トー横で15歳少女を“借金沼”にハメたイケメンホストの素性は…高校野球の名門「駒大苫小牧」の元主将

  3. 8
    エンゼルスには「大谷移籍」が好影響? 投打の主力失ったのに地区首位快走のナゼ

    エンゼルスには「大谷移籍」が好影響? 投打の主力失ったのに地区首位快走のナゼ

  4. 9
    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

  5. 10
    衆院東京15区補選はカオスな展開…乙武洋匡氏めぐり2つの異変、自民vsファーストの会“泥仕合”

    衆院東京15区補選はカオスな展開…乙武洋匡氏めぐり2つの異変、自民vsファーストの会“泥仕合”