宮内悠介(作家)

公開日: 更新日:

6月×日 難民支援のための募金をしたところ、国連UNHCR協会からめちゃくちゃレターが来るようになった。そのなかにひとつ、「With You」6月号なるニュースレターがあった。読んでみると興味深い。こう言って許されるなら、おもしろい。

6月×日 サラ・ピンスカー著「いずれすべては海の中に」(市田泉訳 竹書房 1760円)が送られてくる。もらった以上はSNSで紹介しなければと読みはじめたら、おもしろくて仕事そっちのけで没頭してしまう。文章、アイデア、情景とそれぞれに美しい奇想短編集。

6月×日 自分の小説にロシアンルーレットを登場させようとしたが、よく考えたら、人間がロシアンルーレットなどするはずもなく、立ち止まる。でも実際やる人はいる。なぜだと調べはじめ、そのうちに興味が移り、小林宏明著「銃を読み解く23講」を読む。朝になる。仕事は進まない。

6月×日 コロナ禍で活字が頭に入らないことが増えた。単に調子の問題かもしれない。しかし不思議とミステリは読めるので、知念実希人著「硝子の塔の殺人」に着手する。やめられなくなり朝になる。なんでこんな話をこんなにもおもしろく書けるのだろう。

6月×日 SFの創作講座でゲスト講師をやるため、話すことを考える。論旨に沿った実例がほしい。確か小川一水さんの「フリーランチの時代」にぴったりの短編があったはずだと読みはじめ、夢中になって空が白む。目当ての短編はなかった。別の作品集だったみたいだ。

6月×日 阿津川辰海さんの短編集「入れ子細工の夜」(光文社 1980円)を打ち合わせの狭間に読む。収録作の「二〇二一年度入試という題の推理小説」を電車内で読んでいて、声を出して笑ってしまう。恥ずかしい。あふれる技巧とユーモアの4編。

6月×日 岡真理著「ガザに地下鉄が走る日」(みすず書房 3520円)を読む。これは迂闊に言葉にできない。紹介にならないが、とりあえず記録として残す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず