宮内悠介(作家)

公開日: 更新日:

6月×日 難民支援のための募金をしたところ、国連UNHCR協会からめちゃくちゃレターが来るようになった。そのなかにひとつ、「With You」6月号なるニュースレターがあった。読んでみると興味深い。こう言って許されるなら、おもしろい。

6月×日 サラ・ピンスカー著「いずれすべては海の中に」(市田泉訳 竹書房 1760円)が送られてくる。もらった以上はSNSで紹介しなければと読みはじめたら、おもしろくて仕事そっちのけで没頭してしまう。文章、アイデア、情景とそれぞれに美しい奇想短編集。

6月×日 自分の小説にロシアンルーレットを登場させようとしたが、よく考えたら、人間がロシアンルーレットなどするはずもなく、立ち止まる。でも実際やる人はいる。なぜだと調べはじめ、そのうちに興味が移り、小林宏明著「銃を読み解く23講」を読む。朝になる。仕事は進まない。

6月×日 コロナ禍で活字が頭に入らないことが増えた。単に調子の問題かもしれない。しかし不思議とミステリは読めるので、知念実希人著「硝子の塔の殺人」に着手する。やめられなくなり朝になる。なんでこんな話をこんなにもおもしろく書けるのだろう。

6月×日 SFの創作講座でゲスト講師をやるため、話すことを考える。論旨に沿った実例がほしい。確か小川一水さんの「フリーランチの時代」にぴったりの短編があったはずだと読みはじめ、夢中になって空が白む。目当ての短編はなかった。別の作品集だったみたいだ。

6月×日 阿津川辰海さんの短編集「入れ子細工の夜」(光文社 1980円)を打ち合わせの狭間に読む。収録作の「二〇二一年度入試という題の推理小説」を電車内で読んでいて、声を出して笑ってしまう。恥ずかしい。あふれる技巧とユーモアの4編。

6月×日 岡真理著「ガザに地下鉄が走る日」(みすず書房 3520円)を読む。これは迂闊に言葉にできない。紹介にならないが、とりあえず記録として残す。

【連載】週間読書日記

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

  2. 2
    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

  3. 3
    最悪だった米国キャンプ…持て余す暇、発砲事件、偽札使用の誤解、私だけが見えなかったUFO騒動

    最悪だった米国キャンプ…持て余す暇、発砲事件、偽札使用の誤解、私だけが見えなかったUFO騒動

  4. 4
    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

  5. 5
    岸田首相の政倫審出席は“自爆テロ”で裏目確実 次の展開は森喜朗氏と二階元幹事長の国会招致か

    岸田首相の政倫審出席は“自爆テロ”で裏目確実 次の展開は森喜朗氏と二階元幹事長の国会招致か

  1. 6
    真田広之「SHOGUN 将軍」が世界同時配信…二階堂ふみも驚いた日米撮影現場の“彼我の差”

    真田広之「SHOGUN 将軍」が世界同時配信…二階堂ふみも驚いた日米撮影現場の“彼我の差”

  2. 7
    大阪・関西万博大ピンチ! 「電通」離脱で意思決定機関は専門家不在の“烏合の衆”

    大阪・関西万博大ピンチ! 「電通」離脱で意思決定機関は専門家不在の“烏合の衆”

  3. 8
    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

  4. 9
    岸田首相の政倫審出席は完全墓穴…野田元首相にボコられ「政治資金パーティー」自粛を約束

    岸田首相の政倫審出席は完全墓穴…野田元首相にボコられ「政治資金パーティー」自粛を約束

  5. 10
    SixTONESに一部ファンから退所希望のナゼ  “ツアーチケット定価割れ問題”は事務所のせい?

    SixTONESに一部ファンから退所希望のナゼ “ツアーチケット定価割れ問題”は事務所のせい?