「文学キョーダイ!!」奈倉有里、逢坂冬馬著

公開日: 更新日:

「文学キョーダイ!!」奈倉有里、逢坂冬馬著

 本屋大賞受賞作「同志少女よ、敵を撃て」の逢坂冬馬と、「夕暮れに夜明けの歌を」で紫式部文学賞受賞の奈倉有里は実は姉弟。奈倉が初の単著を上梓した1カ月後に、逢坂が「同志──」でデビュー。世に出てからは偶然にも同時期に評価されてきたという。そんな姉弟が「家族」「作家」「世界」について自由に語り合った対談集だ。

 2人が育ったのは「出世しなさい」がなかった家庭環境。逆に言えば「好きなことを見つけなさい」で、逢坂は「それはそれで結構大変だ」と子ども心に考えていたという。結果、姉は高校卒業後にロシアへ、弟はサラリーマンをしながら趣味で小説を書いていた。「同志──」の出版が決まったとき、姉がロシア考証に参加。「その名前はポーランド系だよ」「ソ連にはパン屋がないよ」と指摘され、「編集者より厳しい駄目出しだった」と振り返る。

 読書の意義を高校生に尋ねられた話から「好きなことを楽しむことに存在意義を認めない世の中は殺伐とする」(逢坂)、権力者のキャラクター化について「みなが思考しないで済む楽しいところに落ち着けば、権力者は扱いやすい」(奈倉)など、ジェンダーについて、文学の役割、そして戦争についてまで。

 現代文学の最前線を走る姉弟の思考の源を明かした、没入間違いなしの一冊だ。

(文藝春秋 1760円)

【連載】木曜日は夜ふかし本

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

  2. 2
    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

  3. 3
    元プラマイ岩橋良昌 告発の矛先はフジテレビへ…「ワイドナショー」での吉本芸人“非情”ぶりに視聴者不信感

    元プラマイ岩橋良昌 告発の矛先はフジテレビへ…「ワイドナショー」での吉本芸人“非情”ぶりに視聴者不信感

  4. 4
    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

  5. 5
    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  1. 6
    大谷翔平の結婚相手を巡りファンが"マウント合戦"開始…熱愛報道の村上佳菜子もトバッチリ

    大谷翔平の結婚相手を巡りファンが"マウント合戦"開始…熱愛報道の村上佳菜子もトバッチリ

  2. 7
    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

  3. 8
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  4. 9
    元横綱・白鵬が「師匠失格」でも宮城野部屋を潰せない複雑事情…解散で悲鳴をあげるのは審判部

    元横綱・白鵬が「師匠失格」でも宮城野部屋を潰せない複雑事情…解散で悲鳴をあげるのは審判部

  5. 10
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ