「闘うもやし 食のグローバリズムに敢然と立ち向かうある生産者の奮闘記」飯塚雅俊著/講談社(選者・稲垣えみ子)

公開日: 更新日:

 今回から登場なので軽く自己紹介から。元は新聞社で働いておりまして、原発事故の衝撃から1人勝手に「超節電生活」をスタート。冷蔵庫だの洗濯機だのを手放すうちに「何はなくとも全然やっていける!」というスンバラシイ事実に気づき、図に乗って会社まで辞めてしまってなんだかんだと楽しく生き永らえているというお調子者であります。

 なので、タイトルに「ビジネスマン必読」とあるが、いわば最も「ビジネスマン」から遠い人間。大丈夫なんで? と確認したところ「あれは単なる標語なんで気になさらず」という、日刊ゲンダイらしいおおらかなお答えでしたので、お引き受けするにした次第でして。

 ただ、そう言っておきながらいきなりナンだが、私、会社を離れ日銭を稼ぐ今の暮らしを始めてから「ビジネス」ってものが初めてわかった気がしている。ビジネスとは究極、自分がいかなる役割を果たせば人に喜んでもらえるかを見つけること。決して「金を1円でも多く稼げば勝ち」なんて話じゃないのだ。

 そんなことしてたら焼き畑農業みたいなもんで、時と共に土地は痩せ、いずれは自分も負の波にのみ込まれる。そのことが組織のコマだった時は全くわからなかった。1人になり、ゼロから自分の居場所を見つけようと奮闘して初めてわかったことであった。要するにビジネスって居場所づくり。それがわかったらもう人生は大丈夫なのである。

 で、この本は私と同様「稼ぐが勝ち」の世界で生きてきた筆者が、スーパー主導の仁義なき価格競争に巻き込まれ、廃業の危機に追い込まれたところから、一歩ずつ「本当のビジネス」に目覚めていく活劇である。遠くの同志に出会った思いで一気に読んだ。八方ふさがりの日本経済に突破口があるとしたら、それはAIでもDXでもなく、このようなビジネス道を1人でも多くの人が取り戻すことなんじゃないか。

 ちなみに私がこの本に出会ったきっかけは、氏のもやしを近所の店で買い、そのあまりのウマさに衝撃を受けたことだったんだが、一昔前はそのようなウマいもやしはフツウに売られていたという。それがなぜ姿を消したのか? これぞ今ここにある闇。学校の教科書にして欲しいくらい。 ★★★

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変