ケーナが原因? 田中健&古手川祐子の別居から離婚まで

公開日:  更新日:

<1999年7月>

 ケーナ奏者としても知られる二枚目俳優の田中健。日本で3本の指に入る奏者といわれ、CD以外にも教則本の執筆や講習DVDを出すなど活躍しているが、ケーナが古手川祐子との離婚の一因になったというから、皮肉である。

 恋人宣言から5年の交際を実らせ、田中(当時35)が古手川(同26)と結婚したのは1986年6月9日。東京カテドラルでの式の後、森繁久弥、美空ひばりら800人が列席する盛大な披露宴が都内ホテルで開かれた。

 田中は古手川家に婿養子に入り、新居となるマンションの内装は古手川好みの白で統一。田中は自室を1つもらっただけと、古手川主導で新婚生活が始まった。娘が生まれた後の89年には古手川の両親と同居。世間から“マスオさん”と呼ばれるようになった。

 古手川は仕事で家を空けることが多く、子育ては主に田中が担当。夫婦関係がギクシャクするようになる。さらに、古手川の父に田中が怒鳴りつけられるシーンが近所の住人に目撃されるなど、義父との不仲も伝えられた。後に田中は「客観的に見れば、そういうこと(不仲)はあったかもしれないし、歯車が噛み合わなかった」と確執を認めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る