ケーナが原因? 田中健&古手川祐子の別居から離婚まで

公開日: 更新日:

<1999年7月>

 ケーナ奏者としても知られる二枚目俳優の田中健。日本で3本の指に入る奏者といわれ、CD以外にも教則本の執筆や講習DVDを出すなど活躍しているが、ケーナが古手川祐子との離婚の一因になったというから、皮肉である。

 恋人宣言から5年の交際を実らせ、田中(当時35)が古手川(同26)と結婚したのは1986年6月9日。東京カテドラルでの式の後、森繁久弥、美空ひばりら800人が列席する盛大な披露宴が都内ホテルで開かれた。

 田中は古手川家に婿養子に入り、新居となるマンションの内装は古手川好みの白で統一。田中は自室を1つもらっただけと、古手川主導で新婚生活が始まった。娘が生まれた後の89年には古手川の両親と同居。世間から“マスオさん”と呼ばれるようになった。

 古手川は仕事で家を空けることが多く、子育ては主に田中が担当。夫婦関係がギクシャクするようになる。さらに、古手川の父に田中が怒鳴りつけられるシーンが近所の住人に目撃されるなど、義父との不仲も伝えられた。後に田中は「客観的に見れば、そういうこと(不仲)はあったかもしれないし、歯車が噛み合わなかった」と確執を認めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  5. 5

    Go To Travel“外国人も半額”デマ拡散…大慌て火消しの顛末

  6. 6

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  7. 7

    夜の街から芸能人が消えた…マスコミ「自粛警察化」の功罪

  8. 8

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  9. 9

    フジ謝罪せず “テラハ事件”背景とトレンディー常務の責任

  10. 10

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

もっと見る