「医龍」も下火…日本のドラマシリーズはなぜ“息切れ”が早い?

公開日:  更新日:

 20日に最終回が放送された坂口憲二主演の連ドラ「医龍4」の視聴率は最高でも平均でもシリーズ最低を記録した。

 同じ医療ものでも、海外の連ドラ「ER緊急救命室」なんかはシーズン15まで放送されるなど、人気が長続きするケースが結構ある。もちろん、海外ドラマは予算が映画並みなど条件が違いすぎるが、日本のシリーズものは、なぜ“息切れ”するのが早いのか。

 そういえば、18日に終了した「チーム・バチスタ4」も低空飛行が続いていた。かつての勢いはもうない。

「巨費を投じる海外ドラマは、最低でもシーズン3まで放送しないと元が取れないといわれます。なので、シリーズ化を前提に企画が立てられる。そこが日本とは違う。それなのに、人気がなければ話の途中でも容赦なく打ち切られる。作り手は赤字にならないように、視聴者を飽きさせないように必死です。一方、日本では1発目が当たればシリーズ化という場当たり的なところがあって、シーズン2で突然クオリティーが下がるケースもありますからね」(放送作家)

 緊張感の違いか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る