遠距離8年…ソフトB中田賢一&角野アナは異例の“堅実婚”

公開日:  更新日:

「彼は基本的に何でも一人でできる人ですが、そばにいることで力になれれば」

 そうマスコミにコメントしたのは、ソフトバンクの中田賢一(32)と結婚した朝日放送の角野友紀アナ(28)。23日に放送された自身のレギュラー深夜番組「雨上がりの『やまとナゼ?しこ』」でも自ら報告した。プロポーズは今年5月。シーズン後の今月5日に福岡市内で婚姻届を提出し、来年3月に朝日放送を寿退社する。

 角野アナは86年、名古屋生まれ。名古屋市立大時代は「ミスせともの」にも輝いた美女。東京では「アタック25」のアシスタントとして知られているが、関西では朝の情報番組「おはよう朝日です」や阪神の情報番組「虎バン」など多くのレギュラーを抱える人気アナ。根っからの野球好きで、学生時代からよくナゴヤ球場で二軍戦を見ていたという。11年の始球式では「(阪神の)能見さんみたいに振りかぶって投げたかった」と猛練習してノーバウンド投球を披露したこともあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る