年末年始は「ネタ番組」目白押し ウォッチャー推す主役は

公開日:  更新日:

 5年ぶりに復活した「M-1グランプリ」も高視聴率だったが、先週日曜の「THE MANZAI2015」(フジテレビ系)は「M-1」とかち合うのを避けてグランプリ形式をやめたのに13.9%。3時間の長尺で、裏に「下町ロケット」の最終回があったからなかなかの数字だ。

 ネタ特番が高視聴率を取るのは、「M-1」などのコンテストでブレークしたレベルの高い芸人が増えたのに、レギュラーでの純粋なネタ番組がないからだ。そんな芸人が集結すると視聴者の興味をそそるコンテンツとなる。

 ただし、今週の「聖夜のネタ祭!お笑いクリスマスショー2015」(TBS系)は4時間近くもあり、102組も芸人を出してヤリすぎ感ありか。

 それにしても年末から正月は長尺の芸人ネタ番が多い! ネタ芸人がコロコロ消費される時代にたくさん出演しそうな定番コンビがサンドウィッチマンとナイツだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る