年末年始は「ネタ番組」目白押し ウォッチャー推す主役は

公開日: 更新日:

 5年ぶりに復活した「M-1グランプリ」も高視聴率だったが、先週日曜の「THE MANZAI2015」(フジテレビ系)は「M-1」とかち合うのを避けてグランプリ形式をやめたのに13.9%。3時間の長尺で、裏に「下町ロケット」の最終回があったからなかなかの数字だ。

 ネタ特番が高視聴率を取るのは、「M-1」などのコンテストでブレークしたレベルの高い芸人が増えたのに、レギュラーでの純粋なネタ番組がないからだ。そんな芸人が集結すると視聴者の興味をそそるコンテンツとなる。

 ただし、今週の「聖夜のネタ祭!お笑いクリスマスショー2015」(TBS系)は4時間近くもあり、102組も芸人を出してヤリすぎ感ありか。

 それにしても年末から正月は長尺の芸人ネタ番が多い! ネタ芸人がコロコロ消費される時代にたくさん出演しそうな定番コンビがサンドウィッチマンナイツだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る