年末年始は「ネタ番組」目白押し ウォッチャー推す主役は

公開日: 更新日:

 5年ぶりに復活した「M-1グランプリ」も高視聴率だったが、先週日曜の「THE MANZAI2015」(フジテレビ系)は「M-1」とかち合うのを避けてグランプリ形式をやめたのに13.9%。3時間の長尺で、裏に「下町ロケット」の最終回があったからなかなかの数字だ。

 ネタ特番が高視聴率を取るのは、「M-1」などのコンテストでブレークしたレベルの高い芸人が増えたのに、レギュラーでの純粋なネタ番組がないからだ。そんな芸人が集結すると視聴者の興味をそそるコンテンツとなる。

 ただし、今週の「聖夜のネタ祭!お笑いクリスマスショー2015」(TBS系)は4時間近くもあり、102組も芸人を出してヤリすぎ感ありか。

 それにしても年末から正月は長尺の芸人ネタ番が多い! ネタ芸人がコロコロ消費される時代にたくさん出演しそうな定番コンビがサンドウィッチマンナイツだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原因不明…三浦半島の“謎の異臭”は首都直下地震の前兆か

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    麻生「民度発言」海外も報道 指摘された日本の高い死亡率

  5. 5

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  6. 6

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  7. 7

    NHK「あさイチ」での近江友里恵は有働由美子を超えた?

  8. 8

    カズ長男が俳優デビュー 三浦獠太が父より憧れたヒーロー

  9. 9

    東京湾では48時間に地震7回も…アプリで助かる率を上げる

  10. 10

    沈黙を続ける竹内涼真 “乗り換え報道”についに反撃準備

もっと見る