日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

年末年始は「ネタ番組」目白押し ウォッチャー推す主役は

 5年ぶりに復活した「M-1グランプリ」も高視聴率だったが、先週日曜の「THE MANZAI2015」(フジテレビ系)は「M-1」とかち合うのを避けてグランプリ形式をやめたのに13.9%。3時間の長尺で、裏に「下町ロケット」の最終回があったからなかなかの数字だ。

 ネタ特番が高視聴率を取るのは、「M-1」などのコンテストでブレークしたレベルの高い芸人が増えたのに、レギュラーでの純粋なネタ番組がないからだ。そんな芸人が集結すると視聴者の興味をそそるコンテンツとなる。

 ただし、今週の「聖夜のネタ祭!お笑いクリスマスショー2015」(TBS系)は4時間近くもあり、102組も芸人を出してヤリすぎ感ありか。

 それにしても年末から正月は長尺の芸人ネタ番が多い! ネタ芸人がコロコロ消費される時代にたくさん出演しそうな定番コンビがサンドウィッチマンとナイツだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事