• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

AKBに対抗心? 元ちとせが奄美大島“PRアイドル”に意欲

 8日、奄美大島の魅力を伝えるロードムービー「あまみっけ。」完成記念発表会が開かれ、「AKB48」小嶋菜月(21)、奄美大島出身の元ちとせ(37)が登場した。

 元はロードムービーでナレーターを務め、島言葉(方言)と標準語の2種類のナレーションを収録。完成した作品が会場で流されると、「なんか韓国ドラマみたいですね」となぜか辛口(?)コメント。

 方言でのナレーションが初めてだったという元は「東京のスタジオで録ったのですが、10人ぐらいスタッフがいたのに、(何を言っているか分からないため)誰一人ジャッジしてくれる人がいなくてすごく困った。これをキッカケに、娘に方言で絵本を読むようになって、自分の中でハマっています」と笑わせた。

「奄美大島をたくさんの人に知ってもらいたいということもありますけど、地元の人に地元がいかに素晴らしいか知ってもらうことも大事だと思った」と語った元。奄美に縁もゆかりもないアイドル、小嶋の存在を意識したのか、「私なりに、小嶋さんに負けないよう、島をPRしていきたい。(PRアイドルも)ひそかに目指しております」と対抗心を燃やしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る