楽曲使用中止要請はストーンズの“反トランプ”表明なのか

公開日:  更新日:

「さすが!」と往年のファンが快哉を叫んだ。

 米大統領選で英ロックバンド、ローリング・ストーンズが共和党候補指名の確定したドナルド・トランプ氏の陣営に対し、選挙戦でのストーンズの楽曲使用を即時中止するよう要求した。

 トランプ氏は遊説先などでストーンズの代表曲のひとつ「スタート・ミー・アップ」を流し、支持者の熱狂をあおっていたそうで、ストーンズ側の声明によるとメンバーはこんな感じだ。

「トランプ陣営に曲の使用許可は与えてはいない。すべての使用を直ちにやめろ」

 同曲は世界ツアーなどでは欠かせないレパートリーになっていて、日本でも歌われている。

「俺をスタートさせろ、その気にさせろ、絶対に止まんねえぜ!などとミックがシャウトするからいい。暴言王トランプに勝手に利用されちゃたまらないし、言外にミックらの反トランプ表明が伝わってくるようだ」と冒頭のファンは主張している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る