東映の元“お姫さま” 雪代敬子さんは日舞披露で世界中訪問

公開日:  更新日:

 50年代のチャンバラ映画が華やかなりし時代。佐久間良子、大川恵子、丘さとみ、高千穂ひづる、千原しのぶら“お姫さま女優”と呼ばれる華麗なスターがいた。きょう登場の雪代敬子さん(83)もそのひとり。今どうしているのか。

 大阪・上本町のシェラトン都ホテル大阪のラウンジ。華やかなオレンジ色のブラウスに身を包んだ雪代さんがいた。優雅な物腰に気品。お姫さま女優のオーラがビンビン伝わってくる。

「この記事、いつ出るのかしら。7月10日ごろ?あら、そのころ、ワタシは中国・内モンゴル州自治区の省都、フフホトに滞在中ですわ。懇意にしている国際友好促進団体、NPO法人モディス・ムジカインターナショナルさんにご招待され、現地で日舞を踊ってくるの。聞くところによると国賓待遇らしく、宿泊先はシャングリラホテル・フフホトって5つ星ホテル。7月7日に出発し、11日に帰国します」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る