日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

本命に西野カナが浮上 「三代目」消えたレコ大いまだ混沌

 5日にTBSで放送された「日本有線大賞」では西野カナ(27)が初の大賞に輝いたが、30日に発表される「日本レコード大賞」はどうなるのか。

 当初は、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの“3連覇”の可能性もあったが、文春が「1億円買収疑惑」を報じたため、状況は一変。三代目は大賞の“候補”にすらならないばかりか、三代目の所属事務所・LDHのアーティストは各賞から一切名前を消した。

「“買収疑惑”が報じられたことに、芸能界のドンが激怒しているようなんです。だからなのか、LDH所属のアーティストの名前が全くない。現在、審査は淡々と進められているようです」(レコード会社関係者)

 大賞の候補にあがっているのは、紅白にも出場する氷川きよしやいきものがかり、桐谷健太ら10曲。“本命視”されていたエイベックス所属のAAAは、買収疑惑の影響からか、大賞の目はほぼ消滅したという声も。状況は混沌としているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事