• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

主演作で濃厚キス披露 ディーン・フジオカは“新後家殺し”

 3月には第3子が誕生した俳優で歌手のディーン・フジオカ(36)。4月からは新番組「サタデーステーション」(テレビ朝日系、土曜20時54分~)でインフルエンサー(世界に影響を持つ人)という立場でコメンテーターデビューも果たし、公私ともにノリにノリまくっているが、それに甘んじることなく、本業でも新たな境地に挑んでいる。6月24日公開の主演映画「結婚」(KADOKAWA配給)では、これでもかと濃厚なキスシーンを披露しているのだ。

 同作は、直木賞作家・井上荒野氏の同名小説が原作の結婚を巡る男と女の物語。年齢も境遇も異なる女性を手玉に取る結婚詐欺師に扮するディーンは、カネと心を奪い取る悪男を演じている。

 で、どれだけ濃厚なのか。同じく朝ドラ「まれ」で話題を集めた柊子(25)をはじめ、安藤玉恵(40)や中村映里子(28)らを相手に、とっかえひっかえ、ムチュ、ムチュと卑猥な音を立てた接吻のオンパレード。細くて長い指で大粒のマスカットを房からもぎって口に運べば、クチュ、クチュと噛む音がスクリーンから鳴り響き、聴覚に訴える演出が効果的に施されている。

 もっとも、映像自体はいずれも美しい描写で“おディーン様”のイメージを覆すような卑猥さはない。女性は男性以上に聴覚を刺激すると感じやすいともいわれているだけに、ターゲットである中年女性は館内でメロメロだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る