• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

青年座「安楽病棟」 超高齢化社会の“生と死”の問題を凝縮

 原作は精神科医で作家の帚木蓬生、脚本は杉村春子賞受賞のシライケイタ、演出は気鋭の磯村純。

 舞台は東京郊外の認知症病棟。お地蔵さんの帽子と前垂れをひたすら縫い続ける女性、夫の差し入れするサーモンしか食べない女性、自分を23歳の独身だと思い込んでいる女性、色ボケが進み、女性患者に夜這いをする男性……80代から90代、軽度から重度までさまざまな症状の老人たちが暮らしている。

 人生の夕暮れ時ともいえる曖昧模糊とした意識の中で、平穏に生きる彼らと、その世話をする看護師たち。しかし、ある日、一人の患者が急死。それを境に、不審な死が相次ぐ。偶然なのか、それとも……。

 患者のモノローグと看護師の日記で構成された小説を2幕の舞台劇として構成したシライケイタの手腕が見事。1幕で患者と看護師の日常を淡々と描写することで、2幕での転調、ミステリアスでサスペンスフルな展開が生きてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る