青年座「安楽病棟」 超高齢化社会の“生と死”の問題を凝縮

公開日:

 原作は精神科医で作家の帚木蓬生、脚本は杉村春子賞受賞のシライケイタ、演出は気鋭の磯村純。

 舞台は東京郊外の認知症病棟。お地蔵さんの帽子と前垂れをひたすら縫い続ける女性、夫の差し入れするサーモンしか食べない女性、自分を23歳の独身だと思い込んでいる女性、色ボケが進み、女性患者に夜這いをする男性……80代から90代、軽度から重度までさまざまな症状の老人たちが暮らしている。

 人生の夕暮れ時ともいえる曖昧模糊とした意識の中で、平穏に生きる彼らと、その世話をする看護師たち。しかし、ある日、一人の患者が急死。それを境に、不審な死が相次ぐ。偶然なのか、それとも……。

 患者のモノローグと看護師の日記で構成された小説を2幕の舞台劇として構成したシライケイタの手腕が見事。1幕で患者と看護師の日常を淡々と描写することで、2幕での転調、ミステリアスでサスペンスフルな展開が生きてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る