5大ドームツアー発表 星野源が抱える事務所“二股”ジレンマ

公開日: 更新日:

 来年2月から、5大ドームツアーを行うことが明らかになった星野源(37)。ソロの日本人男性アーティストとしては5人目となる快挙だ。

「自身がパーソナリティーを務めるラジオでは“やったー”と素直に喜びを爆発。ツアーへの期待感を話していました。暮れには3年ぶりとなるアルバムも発売されますし、来年はますます忙しくなるでしょうね」(スポーツ紙記者)

 2016年には主演ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)が高視聴率を獲得。しかも彼が歌ったエンディングソング「恋」は、独特の振り付けが“恋ダンス”として話題になり、CDは25万枚、配信では65万DLを超える大ヒットとなった。

「15年から星野は音楽面でのマネジメントは大手芸能事務所アミューズに依頼しているのですが、その年に、いきなりNHK紅白歌合戦に初出場。昨年まで3年連続で出ています。また、今年はアニメ映画『ドラえもん』(テレビ朝日)の主題歌に抜擢されるなど、大手事務所らしい大きい仕事が次々と入っている印象です」(レコード会社関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る