荒木経惟
著者のコラム一覧
荒木経惟写真家

1940年、東京生まれ。千葉大工学部卒。電通を経て、72年にフリーの写真家となる。国内外で多数の個展を開催。2008年、オーストリア政府から最高位の「科学・芸術勲章」を叙勲。写真集・著作は500冊以上。最新刊に傘寿記念の書籍「荒木経惟、写真に生きる。荒木経惟、写真に生きる。 (撮影・野村佐紀子)

<15>「性欲と食欲を満たす」というふれこみで写真展を開催

公開日: 更新日:

 ワークショップの「荒木経惟私塾」をやった1年間(1976~77年)、写真展はどこでもいつでもできるんだ、街は展覧会の会場だって言って、「東京を行く」では、公衆電話ボックスや山手線のプラットフォームで写真展をやったけど、<靴みがき屋さんでの写真展>っていうのもやったね。“靴みがき屋さんが写真展の会場です。靴をみがいてもらいながら私たちの写真集をみてください”という展覧会で、靴みがきをやってる人に手作りの写真集を預けて、靴をみがきにきた人に見せてもらって、感想を聞いてもらうんだ。オレは銀座4丁目の靴みがきのオヤジに頼んだら引き受けてくれた。一度しかみがいてもらったことなかったけどね(笑)。お客さんが退屈しないですむからって喜んでくれて、「俺は芸術はわからないけど、こりゃーオモシロイ。アンタ、オモシロイこと考えるねぇ」って。

 ワークショップの写真展を銀座の「キッチンラーメン」でもやったんだ。オレは、電通にいた頃から始めて(1970年)、5年ぐらい連続でね。“ベトナムラーメン”が名物でさ、いつもサラリーマンやOLで賑わってたね。「性欲と食欲を満たす」というふれこみで、壁に裸の写真を貼ってさ。ラーメンをすすっていると、目の前に陰毛の写真が現れるんだよ(笑)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  3. 3

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  4. 4

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  5. 5

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  6. 6

    GoTo後手後手見直し 菅政権「責任丸投げ」に知事カンカン

  7. 7

    スガ政権、東京はコロナウイルス実験のシャーレではない

  8. 8

    松坂慶子の父は最後まで結婚反対し孫を見ることもなく他界

  9. 9

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る