井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

近年アカデミー賞作品は人生相談室みたいなシケた話ばかり

公開日: 更新日:

 彼に会い、何が楽しく何に絶望して何が許せなくて何に感動したか、もっと取材したいと思う。アカデミー賞にノミネートされた「ノマドランド」は夫も職もなくし家も捨てたオバちゃんが、ひとりで車で放浪する話だ。だが、何が悲しいのか楽しいのか、何も起きず、何にも挑戦しないし、何を考えてるのか分からないまま終わってしまい、みごとに退屈ランドだった。彼の方は「日本ランド」の実体験を全部ぶちまけてくれそうなので楽しみだ。

 しかし、近年のアカデミー賞作品は、悩みの人生相談室みたいなシケた話ばかりで、ハハハと笑えないし、何の興奮もないんだな。

映画「無頼」絶賛公開中! 詳細はHPで

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

  3. 3

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  4. 4

    インド株の市中感染を初確認!7月に全国蔓延で五輪は絶望

  5. 5

    小池知事「五輪中止」のタイミング…重なる4年前の都議選

  6. 6

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  7. 7

    五輪選手らを選手村と会場に“閉じ込める”政府案の浅はかさ

  8. 8

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  9. 9

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  10. 10

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

もっと見る