芋澤貞雄
著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイデジタルや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

東出昌大が“逆輸入俳優”として復活へ カンヌ脚本賞の濱口監督作品で

公開日: 更新日:

 東出昌大(33)が杏(35)との離婚を正式発表してから、今月末でちょうど1年の節目を迎える。当初から予想されたことだが、泥沼不倫の代償は大きく、東出はいまだに地上波復帰もCM出演も許されない。

 所属事務所もテレビ局やCMスポンサーに対して大幅な“値引き交渉”を進めているようだが、着地する気配はない。

 関係者に改めて話を聞くと、「痛かったのは(離婚から1年を迎える)直前になって養育費未払いと、その金額が子供1人に対して1万円と報じられたこと」と口を揃える。あの報道によって、“やはり誠意のかけらもない男”“社会常識が著しく欠落した役者”といった東出の負のイメージが強烈に蘇った。そして、決まりかけていた地上波復帰話も立ち消えになってしまった。

 現在の東出は、今年春にクランクアップした映画「コンフィデンスマンJP―英雄編―」(東宝)の公開を待つほか、同じく映画「草の響き」、さらにはNetflix配給の「ボクたちはみんな大人になれなかった」の撮入を控えている。映画俳優に特化しながら少しずつ負債を返済している状況だという。

 そんな東出の唯一の楽しみといっていいのが、3人の子供たちとのテレビ電話だという。

「女性誌に養育費未払いというショッキングな報道をされましたが、子供たちとの関係は至って良好だと聞いています。子供たちも少しずつ自分の置かれている状況を理解し始めているようで、以前のように『パパと一緒に遊びに行きたいよ!』などとは言わなくなっているといいます。今の東出は子供の存在だけが心の支えになっているようです」(芸能関係者)

 迷走が続く東出に、最近突然“光明が差した”と囁かれていることがある。それは東出が“人生の師”と仰ぐ映画監督の濱口竜介氏(42)が、今月行われた「第74回カンヌ国際映画祭」で、日本映画としては史上初となる脚本賞を受賞したことだ。

 東出と濱口監督の接点は2018年9月に公開された映画「寝ても覚めても」が始まりだ。この映画で意気投合した2人は、プライベートでも定期的に連絡を取り合うようになった。昨年発覚した不倫騒動で“引退”を口にする東出を親身になって励まし続けたのがこの濱口監督だったともいわれている。

「東出君は立っているだけで存在感がある」

 濱口監督は東出の役者としての可能性を高く評価しており、「僕にとって役者さんの演技(の上手、下手)なんてどうでもいいことなんです。私が最もこだわるのは、その外見です。東出君は何も語らずとも、ただ立っているだけで存在感があります。顔の造形もとてもミステリアスだし……。初めて会った瞬間に『将来は大スターになる!』って確信しました」と、「寝ても――」の公開直後に語っている。

 その濱口監督が東出を自分の作品に出演させる可能性は十分にある。

「濱口監督の元には複数のヨーロッパ映画会社から『ラブストーリーを撮らないか?』とオファーが届いていると聞きます。濱口監督が次の映画を撮るということになれば、きっと東出にも声が掛かるでしょう。『寝ても――』の頃に比べ東出のスケジュールにも余裕がありますからね。濱口監督が希望する“じっくりと時間をかけた濃厚な作品”になるのは間違いないでしょう」(映画関係者)

 一躍“ヨーロッパ映画界の注目の演出家”となった濱口監督の恩恵を受けるのが、いま日本でくすぶり続けている東出ではないかと、映画関係者は一様にみている。

 ちなみに今回のカンヌで脚本賞を受賞した濱口監督の「ドライブ・マイ・カー」だが、キャスティング選考段階で、監督が強くプッシュしたのは西島秀俊(50)ではなく東出だったそうだ。

 不倫騒動のさなかだったため、1年前は東出の起用が見送られたというが、次回作には期待がかかる。東出が“逆輸入”俳優として活躍し、負債を一括返済する日が来るかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

  2. 2
    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

  3. 3
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  4. 4
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  5. 5
    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

もっと見る

  1. 6
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 7
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  3. 8
    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

  4. 9
    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

  5. 10
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった