碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」、倉本聰との共著「脚本力」ほか。

船越英一郎ら“刑事俳優”揃い踏み 異色ドラマ「警視庁考察一課」を成立させるキャラの強さ

公開日: 更新日:

 かつて「名探偵登場」というアメリカ映画があった。エルキュール・ポワロ、ミス・マープルなど世界的に有名な架空の名探偵たちのパロディーだ。たとえば「刑事コロンボ」のピーター・フォークが、「マルタの鷹」の探偵サム・スペードもどきを演じており、それぞれが披露する勝手な“迷推理”が笑えた。

 月曜深夜の「警視庁考察一課」(テレビ東京系)は、いわば「名刑事登場」である。テレビ各局のサスペンスドラマで活躍してきた俳優たちが、役柄そのままの雰囲気で登場しているからだ。

 船越英一郎内藤剛志西村まさ彦、名取裕子、高島礼子、そして山村紅葉。このメンバーが協力して捜査すれば、どんな難事件も解決できそうだ。しかし、彼らは事件現場に駆けつけたりしない。所属は大東京警察署の「考察一課」であり、「捜査」ではなく、「考察」するのが仕事なのだ。

 捜査一課から分け与えられた、被害者や容疑者に関するわずかな情報を前に、ひたすら考察(推理)という名のカードを切り合う。その結果、IT技術を駆使した真犯人のアリバイを崩し、模倣犯を装った復讐殺人者を突きとめたりしていく。

 まるで一幕物の舞台劇みたいだが、彼らの“刑事俳優”としての存在感と演じてきたキャラクターの強さが、この珍品とも言うべき異色の刑事ドラマを成立させている。見るなら、今のうちだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    濱田岳は外野の雑音を実力でねじ伏せてきた 同クール2本の連ドラで存在感発揮のワケ

    濱田岳は外野の雑音を実力でねじ伏せてきた 同クール2本の連ドラで存在感発揮のワケ

  3. 3
    元「メロン記念日」大谷雅恵さん 借金500万円で自己破産「生活保護からは脱しましたが、生活は今もギリギリ」

    元「メロン記念日」大谷雅恵さん 借金500万円で自己破産「生活保護からは脱しましたが、生活は今もギリギリ」

  4. 4
    澤村拓一は恩義でロッテ復帰 原巨人また日本人に逃げられ「セットアッパー」穴埋めならず

    澤村拓一は恩義でロッテ復帰 原巨人また日本人に逃げられ「セットアッパー」穴埋めならず

  5. 5
    ガーシー議員74年ぶりの「招状」にも反省ゼロ! SNSの反応は風向きガラリ

    ガーシー議員74年ぶりの「招状」にも反省ゼロ! SNSの反応は風向きガラリ

  1. 6
    三浦瑠麗氏にTV出演見合わせドミノ…胸元が透けた国葬“シースルー喪服”を思い出す人も

    三浦瑠麗氏にTV出演見合わせドミノ…胸元が透けた国葬“シースルー喪服”を思い出す人も

  2. 7
    三笘薫に100億円超えアーセナル入り情報!FA杯リバプール戦マジック決勝弾で移籍金爆上がり

    三笘薫に100億円超えアーセナル入り情報!FA杯リバプール戦マジック決勝弾で移籍金爆上がり

  3. 8
    日本→フィリピン“現金の運び屋”は「ルフィ」渡辺容疑者のオンナがやっていた

    日本→フィリピン“現金の運び屋”は「ルフィ」渡辺容疑者のオンナがやっていた

  4. 9
    超低空飛行のフジ「ぽかぽか」は“コンプラ上等”で「笑っていいとも!」の再来となるか

    超低空飛行のフジ「ぽかぽか」は“コンプラ上等”で「笑っていいとも!」の再来となるか

  5. 10
    中居正広せっかくの復帰も…自ら“年内死亡説”に言及しすぎで「逆に心配」とファンやきもき

    中居正広せっかくの復帰も…自ら“年内死亡説”に言及しすぎで「逆に心配」とファンやきもき