著者のコラム一覧
佐々木常雄東京都立駒込病院名誉院長

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。

患者だけでなく一緒に暮らす家族にもケアは必要

公開日: 更新日:

 その晩、Zさんは眠れず、翌日、治療を受けている病院の相談室に電話をかけました。担当者からは「決してあなたを怒ったのではないと思います。病気がそう言わせたと思ってください」とアドバイスされたそうです。

 患者本人の苦しみ、悩みはもちろんですが、一緒に病気と闘う家族の悩みも大変です。以前、精神科医が「家族ケア外来」を行ってくれたこともありました。患者と暮らしている家族のための相談外来です。悩みの多い家族にとっては、とてもありがたいことでした。相談に来られた家族で、うつ病と診断された方もいらっしゃいました。しかし、現実には人員の確保など、家族ケア外来を維持するのは病院としてはとても難しいようです。

■相談支援センターは家族の悩みも聞いてくれる

 こころのケアは患者本人だけでなく、一緒に暮らす家族にも必要です。臨床心理士の方が中心となって「こころの相談室」を行っている病院もあります。多くは患者本人が相談に来られているようですが、家族が直接相談に行くのも方法です。

 がん拠点病院では「がん相談支援センター」が設置されています。がん拠点病院ではない他の病院にかかっている患者でも、その家族でも相談に乗ってくれます。セカンドオピニオンとして訪れた患者の家族は、「夫が治療したくないと言い出した。家族はどう対応すればいいのか教えて欲しい」「義姉から民間療法を勧められて困っている」「夫の食欲が落ちてきた。同時に自分の食欲もなくなった」「子供にどう伝えればよいか」「自分がしっかりしなければ……」「自分は健康なのだから、自分のツラさを本人に訴えてはならない」など、たくさんの悩みを話されます。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変