ワイン好きは白内障になりにくい? 米国眼科学会誌に論文掲載

公開日: 更新日:

 お酒好きにちょっぴりうれしい話だ。お酒が白内障の発症を遅らせるかもしれない、というのだ。白内障とは、目の中のレンズに当たる水晶体が濁って見えにくくなる病気のこと。原因の多くは加齢によるもので、日本人の白内障を発症する確率は60代70%、70代90%、80代100%といわれる。その発症をお酒の力で遅らせられるとしたら、なんと素晴らしいことか。清澤眼科医院の清澤源弘院長に聞いた。

 話題になっているのは「アルコールと白内障の手術:観察分析で考慮すべき要素」という論文。

 著者はロンドン大学ユニバーシティー・カレッジ・ロンドン(UCL)眼科研究所に勤務する英国人、シャロン・Y・L・チュア博士らで、米国眼科学会の査読付き医学論文雑誌「オフサルモロジー誌」(2021年6月号)に掲載された。

「論文は2つの大規模コホートで、アルコール消費量とアルコール飲料の種類と白内障手術との関連を分析したものです」

 コホートとは、ある特定の疾患の起こる可能性がある要因・特性を考え、対象集団(コホート)を決め、その要因・特性を持った群(曝露群)と持たない群(非曝露群)に分けて、疾患の罹患や改善・悪化の有無などを一定期間観察し、その要因・特性と疾患との関連性を明らかにする研究方法。ランダム化比較試験に次いで信頼度の高い研究手段とされている。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  2. 2

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  3. 3

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 4

    竹内涼真“完全復活”の裏に元カノ吉谷彩子の幸せな新婚生活…「ブラックペアン2」でも存在感

  5. 5

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  1. 6

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 7

    二宮和也&山田涼介「身長活かした演技」大好評…その一方で木村拓哉“サバ読み疑惑”再燃

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  5. 10

    岩永洋昭の「純烈」脱退は苛烈スケジュールにあり “不仲”ではないと言い切れる